猫とお出かけしたい!準備するものや注意点を解説

猫は、外出が苦手だということをご存じでしょうか?
もちろん子猫の頃からお出かけをしていれば問題ない猫もいると思いますが、ほとんどの猫はお出かけ嫌いです。
しかし、愛猫といっしょにお出かけをしたいと考えている人もいるでしょう。
この記事では、猫とお出かけをする際に準備するものや注意点を解説します。 2022年10月04日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:675

猫とお出かけをする際に準備するもの

まずは、猫とお出かけをする際に準備するものについてご紹介します。
猫の安全を守るために、必ずチェックしておきましょう。

キャリーバッグ

猫とお出かけをする際は、必ずキャリーバッグを用意しましょう。
当然ながら、キャリーバッグは猫向けに作られたものを選びます。
猫向けに作られたものでも、猫が身体を伸ばしたときに窮屈になりすぎない程度の大きさにしましょう。
広すぎても猫が落ち着かないため、猫に合ったサイズ選びが大切です。

食器・キャットフード・飲み水

猫とお出かけをする際は、食器やキャットフード、飲み水を忘れずに持ち歩きましょう。
食事は乗り物酔いをする猫であれば避けたほうが良いですが、ある程度の長時間の移動の場合には必要です。
また、熱中症などを避けるためにも、こまめに水は飲ませましょう。
キャリーバッグに付けられるボトルも販売されているため、事前に用意しておくこともおすすめします。

ワクチン接種

猫とお出かけをするのに限らず、猫は必ずワクチン接種をさせなければなりません。
また、猫と同伴できるホテルヤカフェなどに行く場合は、ワクチン接種の証明書が必要になります。
そのため、愛猫といっしょにお出かけをする際は事前にワクチン接種をしたか改めて確認しておきましょう。

リード・ハーネス

猫を少しでも外を歩かせたいと考えているのであれば、リードやハーネスは必ず準備しておきましょう。
ハーネスは、身体の柔らかい猫用に作られたものを用意します。
また、日頃から猫にハーネスを慣れさせる練習をしておくことも大切です。

猫とお出かけをする際の注意点

出典:https://www.shutterstock.com

次に、猫とお出かけをする際の注意点を解説します。
これらのポイントをおさえて、猫と安全にお出かけしましょう。

お出かけに慣れさせる

猫は環境の変化に大きなストレスを感じる動物のため、日頃からお出かけに慣れさせておく必要があります。
外飼いをするというわけではなく、キャリーバッグに入れて外の空気を吸わせるなどをすることで、猫は徐々にお出かけに慣れていくはずです。
また、車や電車に乗せて少し移動をするなど、車の音やほかの人の声に慣れさせることも大切です。

基本的にキャリーバッグからは出さない

猫とお出かけをする際は、基本的にキャリーバッグから出してはいけません。
先述したように、リードやハーネスを準備しておく必要はありますが、積極的に外を歩かせることはやめたほうが良いでしょう。
なぜなら、外には猫にとって危険がたくさんあるからです。
カラスなどの外敵はもちろん、車のクラクションの音でびっくりして脱走してしまう可能性もあります。
脱走してしまった猫は見つけることが難しいため、猫が脱走してしまわないようにキャリーバッグから出さないことをおすすめします。

車内に放置しない

当然ながら、猫を車内に放置してはいけません。
暑い時期は熱中症のリスクが高いですし、冬でも寒さで猫が弱ってしまいます。

いきなり長時間のお出かけはしない

猫がお出かけに慣れていないにも関わらず、いきなり長時間のお出かけはしないようにしましょう。
ただでさえお出かけは少なからず猫のストレスになるのに、長時間のお出かけをしてしまうと体調不良の原因にもなります。
そのため、猫のお出かけをするときは近所のお出かけから始めて、徐々に慣らせていく必要があるでしょう。

おすすめの猫バッグ 4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、おすすめの猫バッグをご紹介します。
猫用バッグで、猫が脱走してしまわないように予防しましょう。

アイリスオーヤマ ペットキャリー UPC-490

スタンダードなタイプの、キャリーケースです。
上から猫を出し入れできるため、キャリーケースに入るのが苦手な猫も問題ないでしょう。
5kgまでの体重制限があり、小型から中型の猫に最適です。


アイリスオーヤマ ペットキャリー UPC-490

アイリスオーヤマ ハウス&キャリー P-HC480

キャリーケースとしてもハウスとしても使用できる商品です。
キャリーケースが苦手な猫は、日頃からハウスとして使用を続けることで入ることに抵抗がなくなっていくでしょう。
4つのカラーから、部屋のデザインに合わせて選ぶと良いでしょう。


アイリスオーヤマ ハウス&キャリー P-HC480

LDLC 2wayペットキャリー

デザイン性の高い、猫バッグです。
出入口が広いため、スムーズに猫の出し入れをすることができるでしょう。
また、出入口はメッシュ素材で中敷きマットは取り外して洗うことができ、いつでも清潔な状態を保つことができます。


LDLC 2wayペットキャリー

necosekai リュックサックキャリー

リュックサック型の猫バッグです。
おむすびのような形状をしており、猫が悠々と過ごせるでしょう。
飛び出し防止のリードを繋げるフックが付いているため、脱走の心配もありません。


necosekai リュックサックキャリー

猫のストレスがかからないお出かけをしよう

出典:https://www.shutterstock.com

猫は外出が苦手なことが多く、お出かけは少なからずストレスがかかります。
そのため、飼い主としてできる限り猫のストレスを軽減してあげる必要があるでしょう。
日頃から短い時間でもキャリーケースに入れていっしょにお出かけをするなど、いきなり長時間の移動をしないことで、猫は徐々にお出かけに慣れていくはずです。

参考サイト

快適ペットライフ(参照日:2022-09-14)
https://item.rakuten.co.jp/petworldone/251123/

キャットランド(参照日:2022-09-14)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/226404/

SunR(参照日:2022-09-14)
https://item.rakuten.co.jp/glass-sunr/up-013/

Neco sekai(参照日:2022-09-14)
https://item.rakuten.co.jp/necosekai/dsk-cs03-301lc/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事