ハムスターのケージの選び方とは?おしゃれなケージもご紹介

ハムスターを飼育する時にに欠かせないグッズとして、ケージが挙げられます。ケージはハムスターが生活するための大事な場所ですが、可愛らしいデザインのケージも増えてきました。ここでは、ハムスターのケージの選び方やおしゃれなケージもご紹介します。 2022年04月03日作成

  • ペット - ハムスターペット - ハムスター
  • VIEW:3,804

ハムスターのケージに種類とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ハムスターが生活するためにはケージが必要ですが、ケージには色んな種類があります。
ここでは、ハムスターのケージの種類についてご紹介します。

金網タイプ

金網タイプのケージは通気性も良く、手軽に使用することができます。下はプラスチックで作られており、周りは金網に囲まれています。通気性も抜群で、ニオイや湿気などもこもりにくく、清潔を保つことができます。

金網タイプは周りの金網をハムスターがかじったり、出入り口から脱走してしまうこともあります。

プラスチックタイプ

プラスチック製は可愛らしくおしゃれなデザインのケージが多くあります。商品によってはカラフルになっており、インテリアとしても楽しむことができます。プラスチック製のケージは、回し車やトンネルなどがもともとついていることが多く、色んなものを後付けでつける必要もありません。

プラスチック製のケージは、形が複雑なものが多く、お手入れが大変なことがあります。通気性も金網タイプほど良くないため、ニオイや湿気もこもってしまいます。

水槽タイプ

水槽タイプのケージは、安全性が高く、怪我の危険性も低いです。水槽タイプはすべての面が透明で中を確認しやすいため、ハムスターの状態をいつでもみることができます。さらに、障害物や落下などによる怪我も防ぐことができます。

水槽タイプは蓋の取り外しが簡単なため、脱走の危険性があります。さらに、湿気やニオイがこもりやすいため、しっかりお手入れしてあげましょう。

ハムスターのケージの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ハムスターにはケージが必要ですが、ケージにはいくつか種類があります。ケージの素材、大きさも異なるため、ケージを選ぶ時にはハムスターに合っているかなどを判断してから選ぶことが大切です。
ここでは、ハムスターのケージの選び方についてご紹介します。

大きいサイズを選ぶ

ハムスターのケージを選ぶ時には、大きいサイズを選ぶことをおすすめします。
どのハムスターも多くの運動量が必要なので、小さいサイズを購入してしまうと、運動量が足りず運動不足になる可能性があります。自分が飼育しているハムスターのケージを選ぶ時に迷った時には、ハムスターを購入したペットショップなどで相談することもおすすめです。

お手入れのしやすいものを選ぶ

ハムスターのケージは、お手入れのしやすさも重要です。ハムスターはトイレやおしっこなどで汚れやすいです。トイレを用意しても別の場所でしてしまう可能性も高いため、定期的に掃除をすることで清潔を保つ必要があります。
ハムスターのケージはシンプルなものからデザイン性があるものまであるため、購入する時に迷った時は、お手入れしやすさで選ぶことがおすすめです。

通気性の良いものを選ぶ

ハムスターのケージは、通気性の良いものを選びましょう。ハムスターのケージには湿気やニオイがこもりやすいものもあります。こまめに掃除ができれば問題ありませんが、お手入れがあまりできない場合は、通気性の良いものを選びましょう。

おしゃれなハムスターケージをご紹介

ハムスターのケージには色んな種類があります。デザインもシンプルなものから可愛らしいものまであり、選ぶ時に悩んでしまいますよね。
ここでは、おしゃれなハムスターケージをご紹介します。

SANKO ルーミィ

プラスチック製のハムスターケージです。すべてがクリアになっているため、ハムスターの様子が外からみやすくなっています。組み立ても簡単で、設置しやすく、お手入れも簡単です。ケージとおそろいの回し車や給水ボトル、食器がついています。


SANKO ルーミィ

ハムスターケージ HCK-360

ハウス型のハムスターケージです。側面がワイヤーができているので、通気性も抜群です。正面は透明パネルになっているのでハムスターの様子を観察しやすくなっています。


ハムスターケージ HCK-360

HOEI ハムスターケージ580HMS

https://item.rakuten.co.jp/chanet/300937/

床面積が広いハムスターケージです。網に固定できるハムスターハウスもついているので、初めてハムスターを飼育する方にもおすすめです。出入り口は開閉簡単で、トレーにはフンキリがついているので掃除も簡単です。大きめなケージなので、体が大きいハムスターにも最適なケージとなっています。


HOEI ハムスターケージ580HMS

マルカン ミントチョコハウス

ミントチョコカラーのハムスターケージです。回し車、食器、給水器などの飼育用品がセットになっているため、初めてハムスターを飼育する方にもおすすめです。2階フロアつきになっているので、体が大きなハムスターでも使用することができます。


マルカン ミントチョコハウス

ハムスターが楽しめるケージを選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、ハムスターのケージの選び方やおしゃれなケージもご紹介しました。ハムスターのケージには、金網タイプ、プラスチックタイプ、水槽タイプなどの種類があります。これらの種類はそれぞれに特徴があるため、メリットやデメリットを踏まえて判断することがおすすめです。選ぶ時には、デザインで選んでもいいですが、ハムスターがたくさん運動できるように、広めのケージを用意してあげましょう。

参考サイト

・charm 楽天市場店(参照日:2022-03-18)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/168229/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/300937/
https://item.rakuten.co.jp/chanet/168051/

・ Pet館~ペット館~(参照日:2022-03-18)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/1212072/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事