電車でも車でもOK!ワンちゃんと一緒に楽しむ日光旅なら『Rakuten STAY 日光宝殿』へ

2022年03月15日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬とおでかけ犬のカテゴリ - 犬とおでかけ
  • VIEW:5,193

関東有数の観光地である日光。老若男女を問わず多くの人が訪れ、大人旅や女子旅、修学旅行先としても人気です。木々がいっせいに色づく紅葉の季節はもちろんのこと、世界文化遺産にも選ばれた日光東照宮をはじめとする歴史的な寺院観光やグルメも数多くあり、1年を通して楽しめます。

2022年4月にオープンする『Rakuten STAY 日光宝殿』で、家族やペットと一緒に日光旅行を楽しみませんか?

日光での愛犬旅は『Rakuten STAY 日光宝殿』におまかせ!

「ワンちゃんと一緒に旅行したいけれど、旅行先をどこにしたらいいのか分からない」
「ペット可のホテルはどういうところを重視して選べばいいんだろう」

ペットと一緒の旅行は楽しみも多い半面、不安も多いもの。飼い主さん自身も旅行を楽しみながら、ワンちゃんと一緒に旅行を楽しめる『Rakuten STAY 日光宝殿』のおすすめポイントをご紹介します。

おすすめポイント1『Rakuten STAY 日光宝殿』はワンちゃん2頭まで一緒に宿泊OK!

ペットと一緒に宿泊できるホテル探しは大切ですが、まずは自分が行ってみたいエリアから旅行先を選んでみましょう。

自然も歴史ある建築物も楽しめる人気観光地の日光は、ペットと一緒に旅行するイメージは少ないかもしれません。『Rakuten STAY 日光宝殿』なら小型犬、中型犬、大型犬とワンちゃんの大きさを問わず、2頭まで一緒に宿泊できます。

ペットと一緒に宿泊できるというホテルでも、実は大型犬の宿泊NGのところも多く、がっかりした経験がある方も多いのでは?『Rakuten STAY 日光宝殿』なら大型犬でも2頭まで一緒に宿泊できるのはうれしいポイントです。

ワンちゃんの宿泊条件は、トイレのしつけが済んでいること、予防接種を終えていること、無駄吠えしないこと、留守番ができること。そして発情中の宿泊は不可となっています。

おすすめポイント2 ペットOKのお部屋は4パターン!ワンちゃんものびのび『Rakuten STAY 日光宝殿』

『Rakuten STAY 日光宝殿』には棟が2つあり、1つは全室ワンちゃんと一緒に宿泊できるお部屋となっています。

ワンちゃんと泊まれる客室の間取りは2タイプで101、201〜204号室の8名定員のお部屋が5室、102〜104号室の4名定員のお部屋が3室の計8室です。
さらに内装が、明るく爽やかな雰囲気の「シンプル欧風」と、シックで落ち着いた雰囲気の「ダークモダン」の2種類があり、全部で4パターンから好みの部屋を選べます。

『Rakuten STAY 日光宝殿』でワンちゃんと一緒に泊まるなら、より使い勝手の良い102〜104号室の4名定員のお部屋がおすすめ!特に大型犬と一緒に宿泊したい方には必見です。

中に入ると大型犬でも余裕があるほど広々とした玄関。焦ることなくゆっくりとお部屋に入ることができます。

広い玄関から靴のまま土間を通り、そのままテラスに出ることができます。車から荷物を運び込む前にワンちゃんをのんびり休ませてあげたい時や、お客さまご自身がひと休みしてからワンちゃんの足を拭いてあげたい時にも便利です。

テラスには洗い場があるので、お散歩でワンちゃんの足まわりが汚れてしまった時などにも安心です。テラスはドアをフルオープンにすればリビングと一体感のある開放的な空間に、ドアを閉めれば独立した空間として使えます。

8名定員のお部屋は、ダブルベッドが2台ある寝室と小上がりにダブルの布団を敷くことができます。

どのお部屋も占有面積は変わりませんが、土間がない分、8名定員のお部屋の方は広く使えます。1室に宿泊する人数が多い方やテラス部分よりもお部屋の広さを重視したい方はこちらのタイプがおすすめです。

101

おすすめポイント3『Rakuten STAY 日光宝殿』はペット用アメニティも充実

『Rakuten STAY 日光宝殿』では、お部屋にワンちゃん用のアメニティもご用意しています。折り畳み式のケージ、フードボール、蓋付きのゴミ箱、においが漏れない防臭袋、トイレシート、ウェットティッシュ、消臭剤があらかじめお部屋に用意されていますので、ワンちゃん用の荷物を減らすことができます。

テラスの脇にはワンちゃんも使えるスプレータイプの虫よけもご用意しているので、暑い季節でも安心です。

カラー(首輪)やリード、おやつなどのフード、おもちゃのご用意はありませんので、いつも使っているものをご持参ください。お部屋には床暖房が付いていますが、特に寒がりなワンちゃんには毛布などもあると安心かもしれません。

リードフック

玄関の脇にはリードを掛けておけるフックが付いています。元気いっぱいのワンちゃんが足を拭く前にお部屋に走って行ってしまいそうなときも、リードを引っかけておけば慌てずに足を拭いてあげることができます。

おすすめポイント4『Rakuten STAY 日光宝殿』の宿泊料金はペットの宿泊代も込み!

『Rakuten STAY 日光宝殿』の宿泊料金は、ワンちゃんの宿泊料金も含まれた金額になっています。ワンちゃんが小型犬でも大型犬でも、1頭でも2頭でも宿泊料金は変わりません。

101〜104、201〜204のお部屋は1棟まるごとペット可のお部屋なので、ワンちゃんと一緒でも気兼ねなく過ごすことができます。

駐車場は各部屋1台無料で使えます。駐車場には部屋番号が書かれていて、お部屋に近い場所にあります。2台以上でお越しの際は近隣のコインパーキング等のご利用をお願いします。

おすすめポイント5『Rakuten STAY 日光宝殿』ではワンちゃんと一緒にお部屋でくつろげます

『Rakuten STAY 日光宝殿』のペット宿泊可能なお部屋では、ワンちゃんもテラスや土間だけでなくお部屋全体を歩き回ったり寝転んだりとのびのびと過ごすことができます。

ただし、お部屋の中に入る際は必ずワンちゃんの足を拭く必要があります。またベッドの上にワンちゃんが乗ったり、一緒にお風呂に入ることはできませんのでご注意ください。

廊下や駐車場などの共用部では、ペットはキャリアまたは抱っこでの利用をお願いします。

ワンちゃんと一緒に泊まれるだけじゃない!大人も子どもも大満足の『Rakuten STAY 日光宝殿』

ワンちゃんと一緒にゆったり過ごせる『Rakuten STAY 日光宝殿』ですが、ペットと一緒に宿泊できることだけが自慢ではありません。ご家族や友人とも快適に楽しく過ごせる『Rakuten STAY 日光宝殿』の魅力をご紹介します。

『Rakuten STAY 日光宝殿』はタブレット端末で無人チェックイン/アウト

『Rakuten STAY 日光宝殿』では、チェックインやチェックアウトを非対面で行えます。

チェックイン時間は15:00からで、最終チェックイン時間は22:00となっています。お部屋のドアは、事前にメールで送られてくるドアキーの番号を入力すれば解錠できます。
鍵を探すことなく解錠できるので、ワンちゃんや子ども連れの場合や、荷物が多いときにも便利です。

お部屋に入ったらまずはタブレットを使ってチェックインをします。

言語を選ぶとチェックインの手続きがスタートします。表示された「チェックイン&本人確認」を押し、予約番号や予約内容などを確認。指示に従って入力していけばチェックイン完了です。

チェックアウトはもっと簡単! タブレットに表示された「チェックアウト」ボタンを押すだけで完了です。チェックアウトは10:00です。

タブレットではチェックインやチェックアウトだけではなく、「施設の案内」や「予約の確認」を行うこともできます。『Rakuten STAY 日光宝殿』には常駐しているスタッフはいませんが、何かトラブルが起きた際には、オペレーターに24時間連絡することができます。

チェックインされる前に、清掃や除菌はきちんと行われていますのでご安心ください。ただし、連泊の場合はお部屋の清掃やタオル・リネンの交換はありません。

『Rakuten STAY 日光宝殿』は各部屋に半露天の人工温泉付き

『Rakuten STAY 日光宝殿』の各部屋には、シャワールームと半露天風呂が付いています。
シャワールームにはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが設置されています。

お湯の特徴は乳白色のアルカリ性で、肌がしっとりすべすべになります。刺激が少なく柔らかい湯質で一日に何度でも入りたくなる温泉です。

効能はにきび、あせも、しっしん、荒れ症、冷え症、肩のこり、腰痛、疲労回復、神経痛、リウマチ、しもやけ、あかぎれ、ひび、痔、うちみ、くじき、産前産後の冷え症に効くとされています。

洗面所にはタオルやバスタオル、歯みがきセットなどのアメニティはもちろん、人気のダイソンのドライヤーも用意されています。

洗面所の鏡はくもり止めや照明が付いていて、いつもより時間をかけて肌や髪の毛のお手入れがしたくなります。

パジャマや浴衣のご用意はありませんので、ご持参ください。

また玄関脇にはドラム型洗濯乾燥機が設置されているので、長期の滞在にもぴったり。旅行から帰って大量の洗濯物を片付けることなく、旅行先で洗濯から乾燥まで終わらせて帰ることができるのもうれしいポイントですね。

テラスですき焼きやBBQも楽しめる『Rakuten STAY 日光宝殿』

屋内のダイニングテーブルでももちろん食事はできますが、旅先ならではのテラスでの食事はいかがでしょうか。窓を開ければリビングとの一体感を感じられる開放的な空間に早変わり。ワンちゃんと一緒に食事を楽しみたい方にもおすすめです。

デロンギのポータブル暖房器具も用意されていますので、テラスに持ち出して寒さをやわらげることができます。

各部屋にはキッチンが付いていて、電子レンジや炊飯器、電気ケトルやネスプレッソコーヒーメーカーなど調理家電も充実。お鍋や包丁、まな板などの調理器具や、ワイングラスやお皿、箸などのカトラリーもあるので困ることはありません。

キッチンには冷蔵庫も用意されています。お肉や野菜などの食材やアイスクリーム、ビール、氷などを持ち込むにも十分な大きさです。
食事付の宿泊プランを予約した場合は、この冷蔵庫に食材がセットされています。

夕食と朝食が付くプランを予約すると、すき焼きセットとフレンチトーストが付きます。
すき焼きのお肉は、地元が誇る「とちぎ和牛」のA4~A5等級。とちぎ和牛とは、栃木県内の指定された生産者が丹精込めて育てた黒毛和牛で、品質の格付が上位の限られたもののみに与えられるブランドです。ほかにも、野菜や米、割り下などもセットになっているため、食材を買い足す必要はありません。

フレンチトースト

朝食は、楽天市場で人気のフレンチトーストとスムージーがセットで。フレンチトーストを備え付けのフライパンで焼けば、外はカリッ、中はとろっと、できたてが味わえます。無加糖、無縁の果汁100%の濃厚スムージーと合わせて食べれば、元気チャージ完了です。

ホットプレートもあるので、食材を持ち込んでBBQを楽しむことができます。ラップやアルミホイルなども用意されているので、アイデア次第で自由に楽しめます。

ちょっとした買い物なら『Rakuten STAY 日光宝殿』から徒歩2分の場所に「セブンイレブン日光インター店」があり、その向かい側に「ウェルシア日光インター店」があります。お酒を飲んでしまった後でも徒歩で買いに行ける距離なので安心です。

室内やテラス、共用スペースも含めた敷地内は、たばこも含めて火気厳禁となっていますのでカセットコンロなどを持ち込むことはできません。

大画面のホームシアターで癒やしのひととき『Rakuten STAY 日光宝殿』

『Rakuten STAY 日光宝殿』のお部屋には、テレビとは別にプロジェクターとスクリーンが用意されています。ソファーに座ってゆったり見られるだけでなく、ベッドでくつろぎながら見ることもできます。

お部屋によってプロジェクターとスクリーンの位置は異なりますが、どのお部屋にも設置されています。大画面で映画館にいるような迫力ある映像をお楽しみいただけます。

特急電車やSLも!鉄道大好きキッズも大満足の『Rakuten STAY 日光宝殿』

『Rakuten STAY 日光宝殿』は日光ICから車で1分と車でのアクセスも良好ですが、東武日光駅から徒歩約15分、JR日光駅から徒歩10分と電車でもアクセスしやすい場所にあります。

東武日光駅では「SL大樹」や東武鉄道の看板「特急スペーシア」「特急リバティ」など魅力的な電車を見ることができます。SL大樹の運行予定表や特急電車の時刻表は、東武鉄道のホームページで見られます。お散歩がてら時間を合わせて見に行くと、鉄道好きのお子さんは大喜びするのではないでしょうか。

ペットと楽しめる箱根おすすめスポット

世界遺産が多い日光はペットと一緒だと楽しめないのではないかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。そこで『Rakuten STAY 日光宝殿』に宿泊し、ワンちゃんと一緒に楽しめる観光スポットをご紹介します。

日光に来たらまずはお参りしたい日光東照宮

日光観光と言えば、やはり一番に思いつくのは日光東照宮です。世界遺産にも登録されている日光東照宮は日本を代表する建築物の一つで、ワンちゃんと一緒に拝観することができます。

ワンちゃんと一緒に入れるのは屋外のみ。靴を脱いで入る場所を見たい場合は交代で見るなどの工夫が必要です。

それでも陽明門や五重の塔、「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻や眠り猫といった国宝や重要文化財を十分堪能できますので、ワンちゃんと一緒に楽しむことができるのではないでしょうか。

階段も多く人気の観光スポットということもあり、平日でもかなりの人手が予想されます。あまりに人が多い場面では抱っこが必要になるかもしれません。人の少ない早朝を選ぶと、ワンちゃんにも飼い主さんにも負担が少なく楽しめるでしょう。

招福や縁結びの神様として知られる日光二荒山神社

二荒山神社

福の神や縁結びの神様として知られている日光二荒山神社。二荒山(男体山)をご神体としてまつる日光二荒山神社は日光東照宮からもほど近く、こちらも日光の社寺の1つとして世界遺産に登録されています。日光二荒山神社もワンちゃんと一緒に拝観することができます。

神橋

日光二荒山神社の神橋も世界遺産に指定されており、日光の表玄関にふさわしい​木造朱塗りの美しい橋です。長さ28m、幅7.4m、水面からの高さは10.6mある橋は、近くから見学するのは無料ですが渡るには料金がかかります。

ワンちゃんと一緒にクルージングできる中禅寺湖

奥日光の入り口に位置する中禅寺湖は、四季折々に美しい景色を見ることができ、特に紅葉の季節は人気の高い観光スポットです。周囲約25km、最大水深163mで、およそ2万年前に起きた男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、中禅寺湖の原形ができたと言われています。

4月中旬から11月いっぱいまでは中禅寺湖遊覧船が運行されていて、ペットキャリーを使えばワンちゃんと一緒に乗船できます。船の駅中禅寺では無料でケージの貸し出しもしているので安心です。

食べ歩きにもぴったり!さかえやのあげゆばまんじゅう

旅行には食べ歩きなどのグルメが欠かせません! 東武日光駅の目の前にある「さかえや」では、日光名物のゆばを使ったあげゆばまんじゅうを買うことができます。

テレビや雑誌などメディアにも登場し、とちぎフロンティア企業に認証された「あげゆばまんじゅう」。おすすめはその場で揚げたてをいただくこと。お店の前にはテーブルとベンチが用意されていますので、ワンちゃんと一緒でもゆっくりと食べられます。

ザクザクッとした食感に、ミネラルハーヴェスト塩の塩気と餡の甘みがお互いを引き立て合う絶品まんじゅう。日光に来たらぜひ食べていただきたい一品です。
賞味期限は常温で3日間なので、日光みやげにもおすすめです。

また、4月から11月(予定)には日光産いちごのゴロゴロ食感がおいしい「いちごかき氷」も販売され、こちらも人気です。

ワンちゃんと一緒に『Rakuten STAY 日光宝殿』で日光を楽しもう

ワンちゃんと一緒に旅行を考えている方にぜひおすすめしたい『Rakuten STAY 日光宝殿』。

ワンちゃん用のアメニティも用意されていて、ワンちゃんも飼い主さんも快適に過ごせるよう設備の整った『Rakuten STAY 日光宝殿』で人気の日光を観光してみてはいかがでしょうか?

オススメ

新着記事