猫の歯磨きのコツとは?歯磨きの方法や必要性、対処法をご紹介

猫と暮らしている方は、猫の歯磨きを日常的に行っていますか?実は歯磨きは猫にとっても大事なもので、歯磨きを怠ることで口臭や歯周病などを引き起こす可能性があります。ここでは、猫の歯磨きの必要性や方法、嫌がる時の対処法をご紹介します。 2022年01月10日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:1,432

猫に歯磨きは必要なの?

出典:https://www.shutterstock.com

人間は毎日歯磨きをするものですが、猫はしなくてもいいと考えている方も多いかもしれません。しかし、猫も歯磨きをしっかりしたほうがいいと言われています。
ここでは、猫の歯磨きの必要性についてご紹介します。

口腔内の健康を保つために必要

猫の歯磨きは口腔内の健康を保つために必要です。歯に残ったごはんの食べかすが歯垢となり、時間の経過により歯石となります。歯石が溜まると歯磨きでは取り除くことめ難しくなります。
歯石を放置しておくと歯茎が下がっていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯が抜けてしまうと、そこから細菌が血管内に侵入し、全身性疾患を引き起こす可能性があります。

これらの症状は、歯磨きをすることにより予防することが可能です。

病気の早期発見の役割も

猫の歯磨きは、病気の早期発見のためにも大切になります。口腔内疾患には、歯周病や腫瘍などがあります。これらの病気は、発見が遅れると命に関わる可能性もあるため、できるだけ早く見つけることが望ましいです。歯磨きは口の中を開けて歯ブラシで磨くため、口の中の異常を発見しやすくなります。

猫の歯磨きの方法について

出典:https://www.shutterstock.com

歯磨きは方法を誤ると、猫が歯磨きを嫌がるようになってしまいます。猫の歯磨きは方法を守り、優しくする必要があります。
ここでは、猫の歯磨きの方法についてご紹介します。

口を触ることを慣れさせる

猫は口周りに触られることを嫌がることが多いです。そのため、歯磨きをする前に口周りを触られることに慣れさせていきましょう。
まずは歯ブラシなどは持たず、口の周りを触ることから始めましょう。嫌がるようであれば、毎日おやつを与えながら触ります。おやつを与えることにより口周りに触られることに慣れやすくなるため、猫の好物を用意しておくことがおすすめです。

口の中にブラシを入れることを慣れさせる

口周りに触られることに慣れてきたら、歯ブラシを使うことに慣れさせていきましょう。歯ブラシを嫌がることが多いため、歯磨きシートから始めます。口に手を入れることに慣れさせることが大事です。歯磨きをする時には、しっかり手を洗って清潔な状態にしておきましょう。
歯ブラシは猫の口の大きさに合わせたものを選びます。最初は違和感の少ないヘッドの小さいものを使用することをおすすめします。

無理矢理やらない

猫の歯磨きをする時の注意点として、無理矢理にやってはいけません。猫が嫌がっているのにも関わらず、体を無理矢理抑えて歯磨きをすると、歯磨きを嫌がり暴れるようになります。
毎日やらなければいけないものなので、猫が自分から歯磨きができるようにしていく必要があります。

歯磨きを嫌がる時の対処法

出典:https://www.shutterstock.com

歯磨きを嫌がる時の対処法は、歯磨きが猫にとっていいことだと認識させることです。では、実際にどのようにしたらいいのでしょうか。
ここでは、猫が歯磨きを嫌がる時の対処法についてご紹介します。

歯ブラシにペースト状のおやつをつけてみる

猫が歯磨きを嫌がる時には、歯ブラシにペースト状のおやつをつけて与えてみましょう。ブラシにおやつをつけて口の中に入れることで、ブラシに慣れるようになります。慣れてきたら、歯磨きをしていきます。ペースト状のおやつのおかげで、歯磨きはいいことだと認識するようになります。

褒めながら歯磨きをする

褒めることにより、猫が歯磨きはいいことだと認識するようになります。猫が褒められることに対して良い感情を持っていない場合は効果がない可能性もあるため、ご褒美のおやつを与えるほうが効果的です。

おすすめ口腔ケアグッズをご紹介

猫の歯磨きにはたくさんの商品があります。歯ブラシや歯磨き粉などいろんな味やグッズがあるため、どれを選んでいいのか分かりづらいですよね。
ここでは、おすすめの口腔ケアグッズをご紹介します。

ビルバック C.E.T.犬猫用歯磨き(チキンフレーバー)

動物病院でも取り扱いのある歯磨きペーストです。チキン味になので猫も好んで歯磨きをしてくれるようになります。人間の歯磨きと同じように歯ブラシにペーストをつけるだけなので、簡単に使用することもできます。


ビルバック C.E.T.犬猫用歯磨き(チキンフレーバー)

シグワン 歯ブラシ

超極細の猫用ブラシです。歯茎をしっかりマッサージしてくれるので、口腔内の健康を保つことができます。歯垢をしっかり取り除けるように、ブラシが360°設計になっています。


シグワン 歯ブラシ

らくらく歯みがきシート

ペット用の歯みがきシートです。汚れをしっかり拭き取ることで口の健康を保つことに役立ちます。格子状の特殊な構造のシートになっており、歯垢をしっかり取り除くことができます。歯ブラシにまだ慣れていない時におすすめです。


らくらく歯みがきシート

ハタ乳酸菌 FOR PETS

歯ブラシが苦手な猫におすすめです。強力な乳酸菌を与えることにより、腸内環境を整え、お腹から口内ケアをしてくれます。猫の健康を保つためのサポートにおすすめです。


ハタ乳酸菌 FOR PETS

歯磨きはしっかりやろう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫の歯磨きの必要性や方法、嫌がる時の対処法をご紹介しました。猫にとって歯磨きは健康を維持するためにも大切なものです。
猫の歯磨きはまず口周りを触れるようになることが第一歩です。徐々にでいいので歯ブラシを使って口の中を磨けるようにトレーニングしていきましょう。無理矢理やろうとせずに、猫のペースに合わせて根気強く慣れさせてあげることが大事です。

参考サイト

・ペットゴー 楽天市場店 (参照日:2021-12-16)
https://item.rakuten.co.jp/petgo/2008020700335/

・Vet’s Labo online store(参照日:2021-12-16)
https://item.rakuten.co.jp/vetslabo/dc000037/

・charm 楽天市場店 (参照日:2021-12-16)
https://item.rakuten.co.jp/chanet/153023/

・漢方のサツマ薬局 楽天市場店 (参照日:2021-12-16)
https://item.rakuten.co.jp/satuma/nps-4562335538161/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事