犬が安心して眠れるように。安眠できる快適な環境について解説

1日の多くを寝て過ごす犬には、安眠できる環境を整えてあげたいものです。
愛犬は普段どのような環境で寝ていらっしゃいますか?
この記事では、犬が寝るときの最適な環境についてご説明します。 2021年11月17日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:3,254

犬が寝るときの最適な環境とは?

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、犬が寝るときの最適な環境について見ていきましょう。
これらの条件を満たしていれば、犬は安眠できるはずです。

犬は狭くて暗い場所が落ち着く

犬は、開放的で広々とした場所よりも、狭くて暗い場所の方が落ち着くといわれています。
なぜなら、野生の犬は巣穴で生活をする動物だからです。
巣穴は外敵から身を守りながら安心して寝ることができるスペースで、広さはありません。
昔からの名残からか、ペットとして飼われている現在でも犬は暗くて狭い場所の方が落ち着くのでしょう。

静かな場所が好き

犬が安眠するためには、静かな場所でなければなりません。
テレビが側にあったり家族が頻繁に行き来するような場所では、犬が落ち着いて寝ることは難しいでしょう。
なるべく刺激がない場所で、リビングから少し離れた場所に犬の寝るスペースを作ってあげましょう。

ふかふかした場所が好き

犬はソファやベッドなどのふかふかした場所を好みます。
床で寝る犬もいますが、長時間を床で寝ると床ずれの症状が出てしまうこともあるでしょう。
特に大型犬やシニア犬は、身体の負担が大きいため床で寝させるのは避ける必要があります。
そのため、犬用のベッドを用意してあげるのがおすすめです。
犬用のベッドにはさまざまな種類がありますが、なるべく犬の身体にフィットするようなものを選びましょう。
ちなみに、犬用のベッドが用意できなければ、飼い主が使っていた毛布やバスタオルなどで代用してもよいです。

飼い主と寝るのはどうなの?

普段は愛犬といっしょに寝ている、という飼い主さんも多いのではないでしょうか?
愛犬と飼い主の間に信頼関係があれば、いっしょに寝ても問題はありません。
しかし、まだいっしょに生活している時間が短かったり、信頼関係がはっきりしていない中で愛犬といっしょに寝ることで、愛犬は飼い主よりも立場が上だと勘違いしてしまう可能性があります。
また、犬が飼い主に依存する分離不安症になってしまうこともあるでしょう。
小型犬であれば、飼い主の寝返りで怪我をしてしまうかもしれません。
そのため、犬と飼い主がいっしょに寝ること自体に大きな問題はないですが、可能であれば別々で寝た方がよいといえるでしょう。

犬が寝るときにおすすめの場所を解説!

出典:https://www.shutterstock.com

犬が安眠できる環境を理解できたところで、次は犬が寝るときにおすすめの場所をご紹介します。
実は飼い主といっしょに寝るよりも、よりよい場所があるのかもしれません。

ケージやクレート

ケージやクレートの狭さは犬にとってはちょうど良く、犬が安心して寝ることができる環境であるといえます。
特にクレートの中は暗く、犬の落ち着く条件を満たしているでしょう。
また、クレートは丈夫にできており、万が一の災害時にも犬の安全を確保しやすいためおすすめです。
犬がパニックになったときにも、クレートに入れておくことで犬は落ち着きを取り戻すことができるでしょう。
ちなみに、犬が「ケージは安心できる自分だけの場所だ」と感じられるように、犬がケージにいるときには執拗に構わないようにすることが大切です。

リビングから離れた場所

リビングや子ども部屋など、犬が落ち着いて過ごすことができない騒々しい場所に犬用ベッドを設置するのは避けましょう。
おすすめは、飼い主の寝室です。
飼い主の寝室であれば、飼い主は寝るとき以外に立ち寄ることは少ないですし、犬も安心して寝ることができるでしょう。
また、犬に直射日光が当たることのないように、カーテンなどをしておくとなお良いです。

おすすめの犬用ベッド4選

出典:https://www.shutterstock.com

犬にベッドを用意することで、犬は自分だけのスペースでゆっくりと寝ることができるでしょう。
最後に、おすすめの犬用ベッドをご紹介します。

ふわふわドッグカウチベッド

寝具職人と家具職人が作った、犬用ベッドです。
「ふわふわ」と「ふわとろ」の、2つの触感から選ぶことができます。
枕部分のボリュームが大きいため、特に大型犬におすすめです。


ふわふわドッグカウチベッド

EMME 3Dペットベッド

MからXLの3つのサイズから選ぶことができる、ボリュームがたっぷりの犬用ベッドです。
高反発ウレタンを採用しているため、寝ている犬の身体への負担が軽減されるでしょう。
また、カバーはファスナーで簡単に取り外すことができ、洗濯機で洗うこともできます。


EMME 3Dペットベッド

ふわふわとろけるペットベッド

小型犬には、この犬用ベッドがおすすめです。
全面的に綿毛素材で作られており、肌触りのよさが特徴です。
底面は滑り止め加工がされているため、犬がベッドに飛び込んだときにも怪我をする心配が少ないです。


ふわふわとろけるペットベッド

EMME オールシーズンに使えるペットマット

犬のケージやクレートにベッドを設置したいのであれば、これがおすすめです。
程よい大きさで、ケージ内ではトイレとベッドで使い分けることができるでしょう。
滑らかな肌触りのフランネル生地は、犬が落ち着いて寝ることができるはずです。


EMME オールシーズンに使えるペットマット

犬が安眠できる環境づくりをしよう

出典:https://www.shutterstock.com

犬が安心して寝ることができる環境は、暗く静かな場所であるといえます。
活発で落ち着きのない性格の犬でも、クレートなどの狭い場所では安心することができるでしょう。
逆に、家族の行き来するリビングや廊下は、犬が落ち着いて寝ることはできません。
そのため、飼い主の寝室など、犬が落ち着いて寝ることができる場所に犬用ベッドを設置してあげましょう。

参考サイト

neDOGko(参照日:2021-10-14)
https://item.rakuten.co.jp/emoor-nedogko/mn-3dbed/

life choice 寝具厳選館(参照日:2021-10-14)
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0038l/
https://item.rakuten.co.jp/lifeinqc/dh0041s/

Bedsure(参照日:2021-10-14)
https://item.rakuten.co.jp/bedsurehome/rtb0b0p1zp10m/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事