猫の機嫌を知りたい!声と仕草から読み取ろう!

自由気ままなイメージのある猫。猫の機嫌をしりたいなと思う方も多いはずですよね。そんな方の為に猫の機嫌を読み取ることの出来る声と仕草をご紹介します。 2019年04月08日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:1,041

猫は思っている以上に感情表現が豊かで声や仕草で今の機嫌がどういうものなのかということを読み取ることが出来ます。
もちろん、表情からの機嫌を読み取ることは出来ますので、併せてご紹介していきますので、是非参考になれば幸いです。

表情で読み取る機嫌の良い時

出典元:https://www.shutterstock.com/

機嫌の良い時の猫の表情は思っていた以上に沢山あります。
主に目や耳、ひげの動きから気分を読み取ることができます。
・満足な時の耳は前方を向き、目は半分閉じています。
良く顎の下を撫でるとゴロゴロと音を鳴らすことがありますよね?
この音もリラックスしている証拠なので表情は同じ表情をしています。
そして、ヒゲが頬についている時も満足している時でご飯の後に多く見られ、お腹がいっぱいで満足し、そのまま眠りに入ることも良くあります。

・嬉しい時の表情は、ヒゲをピンと立てています!
大体10時10分くらいの角度でやや上向きになっています。

表情で読み取る機嫌の悪い時

機嫌の悪い時の猫の表情をご紹介します。
・緊張している時はヒゲを顔いっぱいに広げています。
これは、ヒゲを立てて周りの情報を集めようとしているからなのです!
・警戒している時は猫のヒゲの先端が鼻より前に向いており、知らない物や音を聞いたり見たりした時に良く見かける表情です。
・何かに驚いたりして動揺している時の表情は瞳孔が広がってしまっています。
・怒っているけど自分の方が立場が上に時は、ひげを前に突き出して耳もピンと立てて、やや後ろに引き寄せ味になっています。
・威嚇している時の猫の表情は口を大きく開き、歯を見せて鼻にしわが寄っています。
今にも噛みつきそうな怖い顔をしているので、見てすぐにわかると思いますよ。

声で読み取る機嫌の良い時

出典元:https://www.shutterstock.com/

機嫌の良い時の猫の声は、喉をゴロゴロ鳴らしています。
これはご存知の方も多いかと思いますが、一番分かりやすく機嫌を知ることが出来ますね。
また、声の高い低いでも機嫌を知ることが出来ます。
比較的、高い声の場合は、要求や甘えの場合です。

声で読み取る機嫌の悪い時

機嫌の悪い時の猫の声としては、
・威嚇している時は、聞いたことはあると思いますが、シャー!フー!と口を大きくあ経て唸ります。
また、声の高い低いでも機嫌を知ることが出来ます。
比較的、低い声の場合は、威嚇や警戒している時、不安な時です。

仕草で読み取る機嫌の良い時

機嫌の良い時の猫の仕草は、
・遊んで欲しい時には、ヒゲとしっぽを立てて近づいてきます。
・信頼してリラックスしている時の仕草は、飼い主に対してお腹を見せてくれる時です。

仕草で読み取る機嫌の悪い時

出典元:https://www.shutterstock.com/

機嫌の悪い時の猫の仕草では、
・怖がっている時は、身を守るために耳を後ろに引いています。
そして、もっと怖いことがあるときは、後ろに伏せてしまっています。
・喧嘩の前の仕草としては、耳を伏せ、背中の毛を逆立てボワッと逆立てています。
同時に背を丸くしていることも良くあります。
・ストレスが溜まっていると、自分の体やカーペットなどを噛みだすことがあります。
いつもはしないのに急に噛みだしたという場合は、ストレスが溜まっている可能性がありますので、猫を良く観察してみて下さい。
そして、ストレスの原因を見つけ、ストレス解消をさせてあげましょう。

猫の機嫌を知り、より良い関係を作りましょう

いかがでしたでしょうか?
猫の機嫌を表情、声、仕草から読み取れる場合をご紹介していきました。
読んでいてわかるように、表情から読み取れることが比較的多いことがわかります。
人間と同じで、猫にも機嫌はありますので、しっかり理解してより良い関係を作ってみて下さいね。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

関連特集

オススメ

新着記事