ゴールデンレトリバーのためのベッドはどんなタイプがある?大型犬用のおすすめベッドもご紹介

大型犬用のベッドはいくつかのタイプがありますが、形も大きいことからできれば失敗することなくドンピシャなものを選びたいですよね。今回は、ゴールデンレトリバーのベッドを選ぶポイントや、おすすめをご紹介します。 2022年12月30日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:2,043

大型犬用のベッドの種類・タイプ別特徴

画像素材 - クリエイティブプロジェクト用の写真、ベクター画像、イラスト | Shutterstock

出典:https://www.shutterstock.com

大型犬用として販売されているベッドは、いくつかのタイプに分けることができます。愛犬のためにどのようなタイプを選べば良いのか迷ったときは、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ふわふわクッションタイプ

フェザーやポリウレタンが入った、クッションのようなベッドです。見た目は大きなクッションそのもの。とてもフワフワとしており、柔らかいところで休むのが好きな子に好かれます。体の大きさにマッチしていないものは、ベッドとして使うのは難しいかもしれません。

カウチベッド

四方が少し高くなっていて、首を置いて休むことができるベッドです。カドラータイプのベッドと表現されることもあります。いつも何かに首を乗せて寝転ぶのが好きな子におすすめのタイプです。

マットタイプ

カウチベッドのように四方が高くなっておらず、フラットになっています。均一の厚みや固さのマットのため、人間が使うマットレスのような感覚で使わせてあげることができます。四方が囲まれていないため、足を伸ばして寝ても窮屈になりません。

その他(ゴムタイプ、ハンモックなど)

大型犬のベッドとしては少数派ですが、ゴムでできたベッドやハンモックもあります。ゴムベッドは、クッション性は期待できませんが、マット等を敷けばくつろげる場合もあるでしょう。トイレの失敗が多い子犬には重宝しそうです。ハンモックは、あまり高さのないものもあり、通気性が確保できる点がメリットです。

ゴールデンレトリバーにおすすめ!大型犬用ベッド15選

出典:https://www.shutterstock.com

ここからは、ゴールデンレトリバーのような大型犬におすすめの犬用ベッドを紹介します。さまざまな種類のものをチョイスしたので、大型犬のベッド選びの参考にしてみてください。

ふわふわドッグカウチベッド

四方に高さがある、カウチベッドですね。寝具職人と家具職人が製作に携わっており、寝心地の良さや素材にも十分なこだわりがあるそう。とてもなめらかで、ふわふわとしている寝心地で、多くの飼い主さんに選ばれています。カラーバリエーションは6色。インテリアに馴染みやすい、少し控えめな落ち着いた色合いとなっています。カバーは取り外して洗濯ができるため、長く清潔を保ちながら使いやすいのも嬉しいポイントです。


ふわふわドッグカウチベッド

EMME ペットベッド

三方が高くなっているカウチベッドです。サイズ展開は3種類で、ゴールデンレトリバーのような大型犬にはXLサイズがおすすめ。フランネルが使われているものと、リネン風のものの2タイプがあり、それぞれ特徴が異なります。フランネルタイプは、ふわふわとした柔らかで滑らかな肌触り。冬は毛布をプラスするとさらに温かくなります。リネン風タイプは、通気性の良い生地でできており、とても丈夫。抜け毛のお掃除もしやすい素材です。夏にぴったりなタイプですが、毛布を使えば冬でも快適に使えます。


EMME ペットベッド

シティドッグ ラウンジ ベッド

丸洗いできる、シンプルでおしゃれなカウチベッドです。大型犬にはLサイズがおすすめ。しっかりとした厚みがあり、底冷えの心配もなさそうですね。通気性に優れた生地が使用されていて、オールシーズン対応です。裏面には滑り止めがついていて、安全性にも配慮されています。


シティドッグ ラウンジ ベッド

年代に合わせて選ぶ 3Dベッド Lサイズ

愛犬の年齢に合わせて選ぶことができるベッドです。パピーやハイシニアには、立ち上がりが楽に行えるような高弾力で柔らかいウレタン素材を。また、成犬には長く使えるような耐久性の高い高反発ウレタン素材が用いられています。また、シニアには寝心地よく立ち上がりをサポートしてくれる3Dファイバー素材がベースとなっています。寝具専門メーカーがそのノウハウを活かして開発しているだけあり、犬の習性や年齢ごとに異なるニーズを満たしてくれるベッドです。


年代に合わせて選ぶ 3Dベッド Lサイズ

マックスシェアー ドッグカウチベッド

体重をしっかりと支えてくれて、床からの冷気も気にならないようボリュームたっぷりで作られているベッドです。ふわふわとしたフランネル生地が使用されており、シックな見た目で上品な印象。カバーは取り外して丸洗いすることができます。


マックスシェアー ドッグカウチベッド

2way ドーム型ペットハウス

ドーム型ハウスとベッドを好みにあわせて使い分けられます。屋根があった方が落ち着く子にはドーム型ハウスを、暗いところや狭いところが苦手な子にはベッドとして使わせてあげることができるため、これから好みを把握していきたい場合にもおすすめです。床暖房やホットカーペットにも対応しており、寒い時期もポカポカと快適に過ごせます。


2way ドーム型ペットハウス

Yilucess 3Dベッド

楕円形で、まるで包まれているような形状のベッドです。中に敷かれているクッションは両面使うことができます。本体、クッションともに洗うことができ、清潔も保ちやすい素材です。大きなサイズもあり、大型犬でもゆったりくつろげます。底面には点状のシリコンが付いており、滑り防止に。カラーバリエーションは4色です。


Yilucess 3Dベッド

K&H オリジナル コット

中央部分がメッシュになって、通気性抜群のペットベッドです。夏は涼しく、そして冬は底冷えが防止できるというメリットがあります。アウトドアでの使用にもおすすめ。上がり降りがさほど負担にならない、低めのベッドではありますが、高い場所にのぼることが苦手な子の場合はよく検討されることをおすすめします。


K&H オリジナル コット

高反発ペットベッド

マットタイプのベッドです。高反発のウレタン素材が使われていて、寝ている間の圧力を分散してくれます。特に、病気や高齢により寝て過ごす時間が長い子におすすめです。オックスフォードが使われている面と、綿毛が使われている面とがあり、季節に応じて変えることができます。簡単にカバーが取り外せて洗えるため、いつでも清潔に保ちやすいのもメリットですね。


高反発ペットベッド

体圧分散L型ベッド コーデュロイ

シニア犬や子犬におすすめのペットベッドです。特定の部位ばかりに圧力がかかりにくく、理想的な状態で体を支えてくれます。大型犬のような、体重の重い子でもしっかり支えてくれるため安心。コーデュロイ素材で肌触りも心地よいでしょう。ベッドへの入り口部分は、足のあがりが悪くても乗りやすい高さになっています。


体圧分散L型ベッド コーデュロイ

M-PETS FALSTERクッション

汚れたらサッと拭き取るだけ、アウトドアにもぴったりなペットのためのベッドです。生地がとても丈夫で、ついベッドを掻いてしまう子にもぴったり。噛んだり、暴れたり、引きずったりしてしまって困っている飼い主さんにも嬉しいですね。


M-PETS FALSTERクッション

プレミアムラウンドベッド O

マットタイプの犬用ベッドです。人間用のクッションのように部屋に置いても違和感がなく、お部屋の中心に持ってきたくなるような可愛らしいデザインですね。ゴールデンレトリバーのような大型犬にはLサイズがおすすめ。いつもリビングで家族と一緒に過ごしながらくつろぎたい子にぴったりです。


プレミアムラウンドベッド O

フェザーベッド XL

フェザーがたっぷり使われたふわふわのベッドです。体重や姿勢によって自在に形を変えてくれるそうで、ダマにならず楽な姿勢が保てます。ボディラインに沿って自然とできるフェザーの壁は、保温力があり体を温めてくれるというメリットも。一方、夏は湿気を発散して快適にしてくれます。カバーはファスナーで簡単に開閉でき、お洗濯で綺麗に保つこともできます。


フェザーベッド XL

ラリカンオリジナル ラウンドベッド

クッションタイプのベッドです。XLサイズは直径130cmもあるため、超大型犬でも楽々と休めるほどの大きさ。半分以上開く大きなチャックでカバーを取り外すことができます。華やかな柄も多く、インテリアを彩ってくれそうですね。


ラリカンオリジナル ラウンドベッド

シャギーカバー ペットベッド

高反発の、ウレタン素材が使われたベッドです。しっかり足を伸ばして眠りたい子にぴったりですね。あまり高さはないため、足腰が弱くなった子でも使いやすいでしょう。体圧を分散してくれるため、床ずれが心配な子にも使いやすいです。カラーは5色、オールシーズン使えます。


シャギーカバー ペットベッド

ゴールデンレトリバーのベッドは好みを考えて選ぼう

出典:https://www.shutterstock.com

大型犬用のベッドにはいくつかの種類があります。季節を考慮して選ぶのはもちろんですが、形状も大事です。どんな姿勢でくつろぐことが多いのか、日頃の様子を観察してみましょう。また、病気の治療中やシニア犬には、体圧が分散できて立ち上がりが楽に行えるものがおすすめです。お気に入りが見つかると、きっと喜んで使ってくれることでしょう。

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事