猫を飼い始めるときは何を準備したら良い?注意点も解説

はじめて猫を飼う人は、「何を準備すれば良いのだろう?」と悩んでしまうでしょう。
猫に快適に生活をしてもらうためには、さまざまなものを準備する必要があります。
この記事では、猫を飼い始めるときに準備をするものや、注意点について解説します。 2022年04月16日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,445

猫を飼い始めるときに準備するもの

出典:https://www.shutterstock.com

まずは本題である、猫を飼い始めるときに準備するものについてご説明します。
これらのグッズを準備しておけば、猫を迎え入れてもスムーズに育てることができるでしょう。

キャットフード・食器

当然ながら、猫を飼う上でキャットフードは必ず用意しなければなりません。
人間の食べ物を猫に与えるのは、塩分や糖分過多になり、腎臓病や肥満などの原因になってしまいます。
ちなみに、キャットフードは「総合栄養食」と記載されたものを選びましょう。
総合栄養食の基準をクリアしたキャットフードと水を与えていれば、理論上は猫の健康を維持することができます。

キャットフードや飲み水を入れる食器は、ひっくり返りにくい形のものを選びましょう。
陶器製の食器は、割れた際に猫が怪我をする原因にもなるため、避けたほうが無難です。

トイレ・猫砂

猫は、トイレを教えなくても猫砂の敷いている場所に排泄を行います。
そのため、猫を迎え入れた初日から猫用トイレと猫砂を用意しておきましょう。
猫用トイレにはオープンタイプや屋根付きのものなど、さまざまな種類があるため、好みに合わせて選ぶと良さそうです。
ちなみに、猫砂の素材も木や紙、鉱物などたくさんの種類が用意されています。

爪とぎ

猫を飼う上で、悩まされるのが部屋の壁紙などでの爪とぎです。
爪とぎを設置しただけで解決するわけではありませんが、少しばかりの予防には繋がるでしょう。

キャットタワー

キャットタワーは、高い場所への上り下りが大好きな猫にとっては必須アイテムともいえます。
年齢によって高さは調整する必要がありますが、どんな猫でもキャットタワーは喜んで使用するでしょう。
ちなみに、柱部分に爪とぎを採用しているキャットタワーもあります。

ケージ

猫をケージで飼い続けるのは現実的ではありませんが、はじめて猫を迎え入れるのであれば、ケージは用意しておいたほうが良いでしょう。
ケージがあれば、臆病な猫であっても徐々に生活環境に慣れることができます。
また、猫の多頭飼いをする際にも、一時的に隔離をするときに役立つはずです。

猫を飼い始めたときの注意点

出典:https://www.shutterstock.com/

次に、猫を飼い始めたときの注意点について解説します。
これから猫と長年いっしょに生活をすることになるため、最低限の注意点は守るようにしましょう。

猫を構いすぎない

猫はマイペースな動物のため、構いすぎてはいけません。
また、猫を飼い始めたばかりのときは、猫自身が緊張しているため、構ってしまうとストレスになることも考えられます。
そのため、はじめのうちはそっとしておいてあげましょう。

排泄ができているか

猫がどれだけ緊張していても、生理現象のため排泄はするはずです。
しかし、新しく迎え入れた猫が緊張のあまりトイレに行かないこともあるでしょう。
半日程度であれば良いですが、丸1日経ってもトイレに変化が見られないようであれば、トイレの場所を人通りの少ない場所にするなどの対策をとりましょう。
心配であれば、一度獣医師に相談するのもひとつの手段です。

食事をしているか

当然のことですが、十分に食事を摂らなければ猫の健康を維持することはできません。
飼い始めたばかりの頃は、猫も緊張して食事をしないこともあるでしょう。
成猫であればそれでも問題ありませんが、子猫が食事を摂らないのは、命に関わる可能性があります。
猫が初日から食事をするためにも、事前にペットショップやブリーダーからどのキャットフードを与えていたかなどをチェックしておくと良いでしょう。

猫を飼い始める際に必要なグッズ4選

出典:https://www.shutterstock.com/

最後に、猫を飼い始める際に必要なグッズをご紹介します。
これらは必要最低限のグッズなので、猫と暮らしながら徐々に増やしていくと良いでしょう。

アーテミス フレッシュミックス フィーライン

子猫から成猫まで幅広い年齢に対応した、キャットフードです。
人間の食べることができるヒューマングレードの原料を使用しているため、安心して与えることができます。
鶏や魚、子羊や卵などの動物性たんぱく質や、オメガ3・6脂肪酸、DHAやEPAなどさまざまな栄養素が含まれているため、これと水を与えていれば猫の健康を守ることができるでしょう。


アーテミス フレッシュミックス フィーライン

キャットタワー スタジアム S CLASS

高い場所への上り下りが大好きな猫におすすめの、キャットタワーです。
土台がしっかりとしているため、猫が勢い良く飛び乗っても倒れる心配が少ないでしょう。
かなりのスペースがあり、多頭飼いにもおすすめのキャットタワーといえます。


キャットタワー スタジアム S CLASS

アイリスオーヤマ 散らかりにくいネコトイレ

屋根と扉が付いた猫用トイレです。
扉を開けるとスノコの廊下があり、そこで猫の肉球に挟まった猫砂を落としてくれます。
猫砂の飛び散りを抑えたいと考えている人に、特におすすめのトイレといえるでしょう。


アイリスオーヤマ 散らかりにくいネコトイレ

極太 猫爪とぎポール

キャットタワーを設置するスペースが少ない人は、この爪とぎポールの設置を検討してみましょう。
猫は立った姿勢で爪とぎをすることが多いため、この形のポールがもっとも爪とぎをしやすいと考えられます。
また、上に乗ることもできることから、運動能力の低下したシニア猫の遊び道具としても良さそうです。


極太 猫爪とぎポール

猫を飼い始めるときは事前にしっかりと準備しましょう

出典:https://www.shutterstock.com

猫を飼い始めたときは、わからないことでいっぱいでしょう。
しかし、事前に準備しておけば解決できたこともあるかもしれません。
そのため、猫を飼う前には必要なグッズなどを事前に用意して、万全の状態で迎え入れるようにしましょう。

参考サイト

albiot(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/albiot/art_adc_2/

Liv House(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/neolead/nl-pjer02/

キャットランド(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/cat-land/i312198/

STYLE INTERIOR(参照日:2022-03-09)
https://item.rakuten.co.jp/rcmdin/b8-tume-4/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事