ボクサーってどんな犬?特徴や性格をご紹介!

ボクサーという犬種は、その名のとおり強そうな見た目をしています。
一見凶暴そうに見えるボクサーですが、実はとても飼いやすい性格をしているのです。
この記事では、ボクサーの特徴や性格についてご紹介します。 2021年03月13日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類
  • VIEW:692

ボクサーの特徴

出典:https://www.shutterstock.com

ボクサーは、ドイツが原産のマスティフ系統の犬種です。
まずは、ボクサーの特徴について見ていきましょう。

筋肉質な中型犬

ボクサーは、全体的に筋肉質で締まった身体をしています。
体高は約52~65cm、体重は約23~35kgの中型犬に分類されます。
ドイツ原産のボクサーは、もともとマスティフ系統の狩猟犬でしたが、グレートデンやブルドッグなどと交配されて、さらに筋肉質な身体に改良されていきました。
その見た目は、個体によっては大型犬にも見えるくらいの迫力があるでしょう。
さらにボクサーには力強い見た目のドイツタイプと、比較的スマートなアメリカタイプに分けられます。
ちなみに、日本で繁殖されているボクサーの大半はアメリカタイプです。

被毛のカラーは3種類

ボクサーの被毛のカラーは、3種類に分類されます。
スタンダードなカラーのフォーンとブリンドル、そしてホワイトです。
しかし、ホワイトはスタンダードなカラーとしては認められていないため、見かけることは少ないでしょう。
また、全体の3分の1以上が白い場合にも、スタンダードとしては認められていません。

顎の力が強い

もともとは狩猟犬や軍用犬として活躍をしていたボクサーは、顎の力が大変強いです。
獲物に食らいついたら放さない顎の力を持っているため、しっかりとしつけをする必要があるでしょう。

運動量が多い

ボクサーは、毎日かなりの運動量を必要とします。
目安としては、1日2回各1時間程度の運動をさせなければいけません。
また、歩くだけではなく一緒に走ったり、ドッグランなどで遊ばせたりすることも運動不足にならないようにするべきです。

ボクサーの性格

出典:https://www.shutterstock.com

ボクサーは見た目に反して飼いやすい犬ですが、具体的にどのような性格をしているのでしょうか?
性格を理解した上で、正しくしつけをするようにしなければいけません。

忠誠心が高い

ボクサーは、とても忠誠心が高い犬種です。
そのため、しっかりとしつけをすれば番犬として活躍をすることもあるでしょう。
また、観察力に優れているため、家族で行動をしているときでも空気を読んで行動することができるはずです。

温厚で甘えん坊

ボクサーは、見た目に反して温厚で甘えん坊な性格をしているので、家族で飼うときにも楽しく過ごすことができるでしょう。
しかし、狩猟犬や軍用犬として活躍していたこともあるため、しつけを厳しくしなければ攻撃的で手のつけられない犬になってしまう可能性もあります。
そのため、ボクサーを飼うのであればアメとムチを使い分けて、しっかりとしつけをしましょう。

遊び好きで好奇心旺盛

ボクサーは遊び好きな性格をしているため、しっかりとしつけをしておけば子どもとも仲良く遊ぶことができるでしょう。また、好奇心旺盛な性格なので、犬用の知育玩具などを与えても喜ぶかもしれません。
ただし、その性格が災いして、家具や家電を壊してしまうこともあるでしょう。
そのため、触っても良いものとダメなものを教えることも大切です。

ボクサーを飼うときにおすすめのグッズ4選

出典:https://www.shutterstock.com

最後に、ボクサーを飼うときにおすすめのグッズをご紹介します。
穏やかですが力の強い犬種であるため、さまざまなグッズを使用しながら飼っていきましょう。

歯磨きボール

遊ぶだけでなく、犬の歯磨き効果も期待できるボールです。
ボールのギザギザ部分が、犬の歯に付いた汚れを取り除いてくれるでしょう。
また、ギザギザ部分にドッグフードを挟むことができるため、ボールに興味がない犬でも喜んで遊んでくれるはずです。


歯磨きボール

KONG コング

ボクサーのような顎の力が強い犬種には、このおもちゃがおすすめです。
頑丈で壊れにくいため、長時間遊び続けることができるでしょう。
中にドッグフードを隠すことができる点もポイントで、留守番の際にもおすすめです。


KONG コング

ledmomo ノーズワークマット

中にドッグフードを隠して、嗅覚を頼りに見つけ出す知育玩具です。
知育玩具は犬の脳の発達にもおすすめで、ボケ予防にも良いでしょう。
縫い目まで丈夫ですので、顎の力が強いボクサーでもすぐに壊れるようなことはないはずです。
長時間夢中でドッグフードを探そうと遊ぶことは、留守番中の時間潰しにもおすすめできます。


ledmomo ノーズワークマット

大型ペットケージ

ボクサーを留守番させるときには、スチール製で丈夫なケージがおすすめです。
足元のトレイはプラスチック製で丸洗いをすることができます。清潔な環境を保つために、定期的にトレイは洗うようにしましょう。


大型ペットケージ

ボクサーは飼いやすい犬種。だけどしつけはしっかりと!

出典:https://www.shutterstock.com

ボクサーは少し怖そうな見た目をしていますが、とても温厚で飼いやすい犬種です。
ですが、もともとは狩猟犬や軍用犬として活躍していたこともあるため、しつけをしっかりすることが大切です。しつけをすれば、子どもがいる家庭でも問題なく飼うことができる犬種ですので、愛情を注ぎつつも時には厳しく育てましょう。

参考サイト

lea.sh(参照日:2021-02-03)
https://item.rakuten.co.jp/lea-shop/toy00001/

ペットガーデン(参照日:2021-02-03)
https://item.rakuten.co.jp/five-1/10019667/

MANNISH BOY(参照日:2021-02-03)
https://item.rakuten.co.jp/mannishboy/20036525030/

E-monya(参照日:2021-02-03)
https://item.rakuten.co.jp/auc-n-u-d/11206984/

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事