夏用ベッドを用意しよう!愛犬におすすめのベッドは?

暑くなってくるこれからの時期に心配なのは熱中症です。
犬は汗腺が足の裏にしかないため体温調節が人よりも苦手です。夏でも愛犬が快適に過ごせる夏用ベッドを紹介します。 2020年07月21日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:1,777

夏場は愛犬の熱中症に注意!

https://www.shutterstock.com/ja/home

人でも暑い夏は気をつけなくてはならない熱中症ですが、犬にも注意が必要です。
冒頭で紹介したとおり、犬は汗腺が足の裏にしかなく汗をかいて体温を調節することが苦手です。
そのためハァハァと呼気を身体に送り呼吸することにより、体内にこもった熱を身体の外に逃して体温調節を行います。
しかしこの方法は汗をかくよりも体温が下がりにくく、時間もかかるため特に抵抗力の弱いシニア犬や子犬などは熱中症にかかる危険が高いです。

また、犬は全身を豊かな被毛で覆われているため熱がこもりやすい身体になります。
犬の平均体温は37℃代〜38.5℃前後であり、39℃〜40℃になると熱中症になっている可能性があります。
具体的な熱中症の症状は意識の喪失、嘔吐や下痢、身体が熱くぐったりしているなどの症状があげられます。

すぐに体温を下げる処置を行わないと内臓にダメージが残ってしまい、最悪死に至る緊急性の高い症状です。
もしも愛犬が熱中症になった場合には早急に動物病院で治療を受けましょう。
その前には体温を測定して脇の下や足の間を冷やして涼しい部屋にて応急処置をします。
いきなり氷水を体にかけたりすると身体がびっくりしてしまうため徐々に愛犬の様子を注意深く観察しながら身体を冷やしましょう。

愛犬の熱中症を予防するには

愛犬が熱中症にならないように飼育スペースを涼しく整えておくことはとても重要です。
特に毎日使用するベッドは通気性が良い、熱のこもりにくい素材を選ぶのがポイントです。

さらには、エアコンを効率的に使用して部屋の温度を一定に保つことも大切になります。
適温は23℃〜28℃前後であり、人が快適と感じる温度よりも1℃〜2℃低めで設定してあげるとより安心ですね。

また、犬が熱中症にならないためには日陰の風通しの良い部屋にベッドを設置してあげるのがベストです。
熱中症予防のためには湿度も気をつけたい点であり、夏場だけでなく梅雨時期にも湿度が高くなるため熱中症になる可能性があります。
愛犬に下痢や嘔吐、食欲不振やぐったりしている様子はないかなど日々の体調をよく観察して、夏でも愛犬が涼しくベッドでリラックスできるように気をつけましょう。

夏用ベッドの選び方のポイントは?

https://www.shutterstock.com/ja/home

愛犬に夏用ベッドを選ぶポイントとして通気性の良い熱のこもりにくいものを選ぶのが大切と紹介しましたが、メッシュ素材や冷感素材のベッドがオススメです。

さらりとした生地は犬も涼しく使用することができ、熱い夏でも涼をとることができます。
また、保冷剤を入れられる機能のついたベッドも効果的に愛犬の身体を冷やすことができるため、夏でも使いやすいベッドになります。

メッシュ素材のベッドはさらりとしており、熱も逃しやすい生地ですのでおすすめですがデザインも豊富でさまざまな柄がプリントされているため、おしゃれなベッドを選ぶことができます。
冷感素材を使用したベッドはひんやり感を感じることができるため、夏には最適なベッドですがツルツルした生地は滑りやすく、転倒する可能性もあるためシニア犬に使用する際には注意が必要です。

夏用ベッド選びのもう一つのポイントはお手入れのしやすさにあります。
夏用ベッドは冬よりも汚れやすく、皮脂などが付着するとカビや菌などが発生しやすくなります。
洗い替えしやすいような丸洗いオッケーのものやカバーが変えられるベッドを選ぶと清潔にお手入れがしやすくなります。

ベッドのケアをしないで使用しつづけると、皮膚炎の原因になり臭いの元にもなります。
さらには冷感素材の場合はその効果も落ちてしまうため定期的に洗濯をして、清潔に保つことがポイントです。

通気性の良い洗いやすい夏用ベッドを選ぶことが大切ですが、できるだけシンプルなデザインのものを選びます。
飾りが付いている華美なベッドは愛犬が気になってしまい、ストレスを感じる可能性があります。

さらには、飾りを飲み込んでしまい窒息してしまう危険もあるため、柄がプリントされたものや色味が豊富なシンプルなデザインのベッドを選んでおしゃれを楽しむのがおすすめです。
鮮やかな色味のベッドはお部屋のインテリアとしても使用できますので、機能性は維持したままおしゃれに楽しむことができます。

愛犬におすすめの夏用ベッドを紹介

愛犬に購入したい夏用ベッドを4選紹介します。
夏用ベッドをお探しの方や愛犬のベッド選びに興味のある方の参考になれば幸いです。

① クールドライブベッド Mサイズ

https://item.rakuten.co.jp/radica/a8028-c206/

冷感素材のドライブに使用できるベッドです。
しっかりとホールドしてくれる作りのベッドは安全性も高くなります。
色も可愛らしいチェック柄であり、使っているのが楽しくなるそんなデザインのベッドです。


クールドライブベッド Mサイズ A8028-C206

② RADY キルトラウンドベッド (ロータイプ)Mサイズ

https://item.rakuten.co.jp/radica/r8067-0217/

接触冷感機能付きのラウンド型ベッドです。
クッション性抜群の使いやすいベッドで、豊富なカラーバリエーションも嬉しいですね。
チワワやポメラニアンなどの小型犬にもおすすめです。


RADY キルトラウンドベッド (ロータイプ)Mサイズ

③ キルトラウンド ベッド Mサイズ

https://item.rakuten.co.jp/radica/r8059-0202/

夏に活発に活動する蚊の脅威から愛犬を守ることのできる防虫ベッドです。
蚊はフィラリア症を媒介するため、予防薬を飲ませるなどしてしっかり予防したいものです。
ベッドに防蚊機能があれば安眠できますね。


キルトラウンド ベッド Mサイズ

④ スクエアベッド Sサイズ

https://item.rakuten.co.jp/radica/r3012-0104/

小型犬用の使いやすいスクエア型のベッドです。
防蚊機能付きのベッドであり、蚊の脅威から愛犬を守ることができます。
使いやすいスクエア型のベッドはどんな小型犬にも合わせやすいですね。


RADICA スクエアベッド Sサイズ

夏用ベッドは早めに準備を

https://www.shutterstock.com/ja/home

夏用ベッドを選ぶポイントとおすすめの夏用ベッドを紹介しました。
愛犬は暑さが特に苦手であり、早めに夏の準備をすることが大切です。
夏を楽しく一緒に過ごすためにも素敵な夏用ベッドを見つけましょう。

本記事が、リラックスできるベッドを見つけるヒントになれば幸いです。

参考サイト

Radica (参照日:2020年6月7日)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/radica/smp/sp.html

著者情報

のえコアラ

ペット系の専門学校を卒業後、犬の飼育員をしていました。
現在は専業主婦として娘の育児をしながらペット系記事を中心にライター活動をしています。
ゴールデンレトリーバーとチワワを飼っています。
毎日楽しくのんびりと暮らしています。

オススメ

新着記事