ペットショップで猫を購入する際に気をつけたいこと

ペットショップで猫を購入する際は、信頼できるお店かどうか見分け、健康な猫を選ぶことが大切です。一緒に揃えたいお世話グッズも紹介します。 2020年06月01日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:3,357

ペットショップは純血種を飼いたい方におすすめで、一度にたくさんの猫種を見ることができるのが利点です。しかし、中にはストレスの多い環境で猫を飼育している、利益最優先のペットショップも存在します。そのようなペットショップで良い猫に巡り合うことはなかなか困難なことも多いです。

そこで信頼できるお店の見分け方と、猫の健康状態をチェックするポイントを解説します。さらに猫を家に迎えたときに困らないように、一緒に揃えたいお世話グッズも紹介します。

信頼できるペットショップの見分け方

猫との出会いは一期一会です。1日でも早く猫を家に迎えたい気持ちは分かりますが、衝動買いはおすすめできません。まずは何店かペットショップを訪れて、信頼できるショップを見つけましょう。良いお店かどうか見分けるチェックポイントは以下の3点です。

飼育環境が整っているかどうか

出典:https://www.shutterstock.com

ペットショップを訪れたら猫の飼育環境をチェックしましょう。

利益優先のお店では猫を狭いスペースやケージに押し込めていたり、不衛生な環境で飼われていることがあります。また騒がしい環境では猫がストレスに感じてしまいます。

そこでトイレが衛生的かどうか、悪臭がしないかチェックしましょう。掃除が行き届き衛生的で、飼育スペースを自由に動き回ることができ、静かで落ち着いた雰囲気のペットショップが望ましいです。

子猫の健康管理は万全か

出典:https://www.shutterstock.com

子猫を購入したいとお考えの方は、引き渡しまでにワクチン接種をきちんと済ませているか確認しましょう。

また子猫は抵抗力が弱いので、感染症対策をしっかり行う必要があります。子猫に触る際に消毒を行わないような、病気予防への意識が低いペットショップは要注意です。

スタッフの知識は豊富か

出典:https://www.shutterstock.com

猫を選ぶ際にスタッフに知識があると安心できます。いろいろ質問してみて、丁寧に答えてくれるようなら信頼できます。

またスタッフが猫をどう扱っているかもチェックしましょう。乱暴に扱ったり、寝ていたり遊んでいるときに強引に抱き上げるのは配慮に欠ける行為です。猫について豊富な知識があれば、寄り添うように優しく接するはずです。

猫の健康状態をチェック

ペットショップを訪れたら見るだけではなく、触ったり抱いてみて猫の健康状態をチェックしましょう。抱いたときにずっしり重みを感じる子猫は元気に成長している証拠です。

チェックポイント1:毛並み

出典:https://www.shutterstock.com

猫の健康状態はまず毛並みに現れます。毛が薄くなっていたり脱毛しているところがないかチェックしましょう。健康な猫は毛にボリューム感と光沢があり、滑らかな手触りをしています。

チェックポイント2:目

出典:https://www.shutterstock.com

猫の健康状態を判断するうえで目は重要です。充血して赤くなっていないか、目やにが多くないか、瞬膜(まぶたの内側の白っぽい膜)が出ていないかチェックしましょう。

チェックポイント3:耳

出典:https://www.shutterstock.com

耳の中を覗いてみて、耳垢が溜まっていないか、きつい臭いがしないかどうかチェックしましょう。また稀に聴覚に障害を持って生まれた猫もいます。音を鳴らした方向を向くかどうか確かめてみましょう。

チェックポイント4:鼻

出典:https://www.shutterstock.com

猫は体調が悪いときに鼻が乾くとよく言います。寝ているときに鼻が乾いているのは正常です。そこで起きているときに鼻が湿っているかどうか確認しましょう。また鼻水やくしゃみが多い場合は要注意です。

チェックポイント5:口

出典:https://www.shutterstock.com

よだれを垂らしていないか、口臭がきつくないか、歯が黄色くなっていないか確認しましょう。健康な猫は歯茎が綺麗なピンク色をしています。

チェックポイント6:足

出典:https://www.shutterstock.com

健康な猫は足が太くてバランス良く筋肉がついています。足を引きずっていないか歩き方もチェックしましょう。足を床に付きたがらない猫は、関節や骨に異常があるか怪我をしている可能性があります。

一緒に揃えたいお世話グッズ

ペットショップで運命の猫と出会い、購入を決めたら、家に迎えたときに困らないようにお世話グッズを揃えましょう。最低限必要なグッズは、食器、トイレ、ベッド、キャリーバッグの4点です。首輪やブラシはすぐに必要ではないので、後から買い足しても構いません。

ペティオ necoco 脚付き陶器食器 ドライフード向き

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/nyanzaq/

猫は1日2~3回食事をします。せっかく家に迎えても食器がなければご飯を食べさせるのに不自由します。

そこでおすすめの食器がこちらです。食道が真っ直ぐな猫に配慮して上げ底になっています。これなら食べるときに頭を下げなくて済むので、体に負担がかからず猫に多い食べ戻しを減らすことができます。


ペティオ necoco 脚付き陶器食器 ドライフード向き

デオトイレ 子猫から体重5kgの成猫用

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/kenkocom/

猫を迎える日までに必ず用意しないといけないのがトイレです。おすすめは二層式で下に引き出しが付いたシステムトイレです。

「デオトイレ 子猫から体重5kgの成猫用」は、締めきった室内でも臭わない快適なシステムトイレです。子猫用の小さなトイレとは異なり、大きさに余裕があり成長しても使えるので無駄がありません。専用猫砂とシートが付属しているので、これだけで約1ヶ月使うことができます。


デオトイレ 子猫から体重5kgの成猫用

通年用角型 ペットベッド S

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/petworldone/

猫が体を伸ばして寝られるベッドも買っておきましょう。とはいえこればかりは猫によって好みがあります。高価なベッドを買ったのに一度も使ってくれなかった、なんてことにならないように最初は安価なものを購入しましょう。

こちらのベッドは1個2,000円以下で、通年使えるのでとっても重宝します。Sサイズでも大きさに余裕があり、フカフカしていてゆったり寝られます。


通年用角型 ペットベッド S

アイリスオーヤマ 折りたたみソフトキャリー Sサイズ

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/dog-kan/

猫を家に連れて帰るときや、動物病院に連れて行くときに欠かせないのがキャリーバッグです。丈夫なプラスチック製もありますが、布製のほうが軽くて女性でも楽々と持ち運びできて便利です。

こちらのソフトキャリーバッグは、扉は左右どちらからでもファスナーで開閉でき、使わないときは折り畳んで収納できます。もちろん組み立ても簡単です。布製だと強度が気になりますが、生地は丈夫なポリエステルでできているので、猫が噛みついたり引っ掻いたりしても破れません。さらに芯材にはスチールとグラスファイバーを使っているので、潰れたりたわんだりせず安定感があります。


アイリスオーヤマ 折りたたみソフトキャリー Sサイズ

信頼できるペットショップで購入しましょう!

出典:https://www.shutterstock.com

ペットショップで猫を購入するなら、何軒か見てまわって信頼できるペットショップかどうか見分けましょう。チェックポイントは飼育環境が整っているかどうか、子猫の健康管理は万全か、スタッフの知識は豊富かの3点です。その上で触ったり抱いたりしてみて猫の健康状態を確認しましょう。

参考サイト

爽快ペットストア(参照日:2020-5-11)
https://item.rakuten.co.jp/nyanzaq/4903588255816/

ケンコーコム(参照日:2020-5-11)
https://item.rakuten.co.jp/kenkocom/4520699635544/

快適ペットライフ(参照日:2020-5-11)
https://item.rakuten.co.jp/petworldone/7107052/

犬猫フード・グッズ専門店Pet館(参照日:2020-5-11)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/529016/

著者情報

のらくろ

猫飼育歴20年以上、家で11匹の猫を飼っています。ほとんどが元野良猫ですが、家にご飯を貰いに来ていた親子を引き入れたので、一気に数が増えました。
とにかく毎日が大騒ぎで、世話に掃除に大変ですが、どの猫も可愛くいつも癒されています。

オススメ

新着記事