犬の雨の日のお散歩の注意点やコツ

雨の日だから犬の散歩には行かないという方も多いですが、本当のところ雨の日に犬を散歩すべきなのかそれともしなくてもいいのか気になると思います。 2020年03月07日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:1,678

雨の日になると犬の散歩に行くことが憂鬱になり、散歩に行かない方が増える傾向にあります。
そこで、ここでは雨の日に犬の散歩をする時の注意点やコツなどをご紹介していきます。

雨の日に犬の散歩はすべき?

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典元:https://www.shutterstock.com/

散歩は、毎日2回ずつ行うのが基本です。怠れば運動不足やストレスなど、なんらかの危険性が出てきます。
しかし雨の日の散歩は、犬が泥で汚れたり雨で濡れたり、散歩後のケアが大変で飼い主にとっては憂鬱なことでもあります。

しかし雨の日でも散歩に行くのは当然であり、犬の体調面を配慮してあげるべきなのです。
ただ、室内でたくさん遊んであげられるのであれば、1日ぐらい散歩に行かなくても大丈夫です。

雨の日の犬の散歩の注意点

では、雨の日の犬の散歩の時にはどのようなことに注意をすれば良いのでしょうか。

犬の様子をしっかりと観察する

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典元:https://www.shutterstock.com/

雨の日は、怖いものだったり楽しいものだったり、それぞれの犬にとって感じ方は違います。
犬がいつもと様子が違うのかそれとも同じなのか、異常があればすぐ察してあげて散歩を短めにするなど工夫をしましょう。

周囲を気にしておく

雨の日は普段の散歩と比べると、視界がぼやけがちになり、音が雨でかき消されてしまうことから、危険がより多く潜んでいる状態になります。
周囲をしっかり気にして散歩しなければ、急に車や自転車が横を通り驚くこともあります。
周囲の動きには注意をして、安全に散歩できるようにしてください。

散歩後のケアは念入りにする

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典元:https://www.shutterstock.com/

雨の日の散歩では、散歩後のケアが大切です。肉球はそのままにしておけば怪我をする可能性がありますし、身体も濡れたままにすると風邪をひく可能性があります。

しっかりとシャンプーで汚れを洗い流してから水分をふき取り、ドライヤーをして念入りにケアをしてあげてください。
特に寒い時期である冬場の雨の散歩後は、ケアを念入りにするようにしましょう。

雨の日の犬の散歩のコツ

少しでも不快のない散歩にする為には様々なコツがあります。

レインコートを着させる

最近では数多くの犬用レインコートが販売されています。ですからレインコートを着させて散歩をさせることがおすすめです。
毛が濡れたり汚れたりすることを防いでくれるので、散歩後のケアがより楽になります。

靴を履かせる

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬用の靴は、犬によって好き嫌いが分かれます。靴をきちんと履いて散歩へ出てくれる犬であれば、是非とも履かせてあげて欲しいものです。
靴を履いて散歩に行くことにより、肉球のトラブルを回避することができるのでおすすめです。

そのほかアイテム

先程ご紹介したレインコートや靴以外にも、ポンチョ・エプロン・フローティングベスト・傘など、様々な雨の日専用のアイテムが販売されています。
あなた自身の使い勝手の良さ・犬にとって良いもの悪いものなどをしっかりと見極め、選んであげると良いでしょう。

雨の日でも散歩できる環境も大切

画像・写真・ベクター画像・動画・音楽素材 | Shutterstock

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬の雨の日の散歩の注意点としては、周囲や犬の様子に注意することや、散歩後のケアをしっかりと行うことが挙げられます。
面倒くさい雨の日の犬の散歩ですが、レインコートを着させてあげたり靴を履かせてあげたりすれば、気持ちも体も軽くなります。
雨が降っていたとしても、ちゃんと散歩に連れて行ってあげましょうね。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事