猫がドアを開けることの防止策とは?おすすめグッズもご紹介

猫がドアノブに飛びついてドアを開けてしまうことはありませんか?ドアを開けることを防ぐ方法はあるのでしょうか?ここでは、猫がドアを開けるのを防ぐための策や役立つグッズをご紹介します。 2023年05月05日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:1,291

猫がドアノブに飛びつくことの危険性とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫がドアノブに飛びついてドアを開けてしまうという経験はありませんか?猫は人がドアを開ける姿を見て、ドアの仕組みを学習します。賢いと褒めることもあるでしょうが、ドアが開いてしまうと危ないこともあります。
ここでは、猫がドアノブに飛びつくことの危険性についてご紹介します。

脱走してしまう危険性

猫がドアノブを回してドアを開けることができるようになると、ベランダや玄関から脱走してしまう可能性があります。一度脱走してしまうと、猫を見つけることは難しくなります。自分で戻ってくることもありますが、パニックに陥って遠くの場所にいってしまうこともあります。
また、外の世界では車や自転車にぶつかり怪我をしたり、病気に感染したりする可能性も高くなります。特に外に興味を持っている猫や好奇心旺盛な猫には、脱走に注意しましょう。

部屋に入り出れなくなってしまう危険性

猫がドアを開けてしまうと、いつもは行かない部屋に入り込んでしまうことがあります。また、ドアの設計によっては猫がその部屋から出られなくなる可能性もあります。

特に夏や冬など、室温を調節する必要がある時期には、エアコンが効いていない部屋に入り込んでしまい、体調を崩す可能性もあります。飼い主が留守にする場合には、ペットケージに入れるか、ドアを開けないように対策することが大切です。

誤飲の危険性

ドアを開けることで、本来入ってはいけない部屋に入り込んでしまい、そこで食べてはいけないものなどを誤って飲み込んでしまう可能性があります。誤飲をしてしまうと、手術が必要になることもあり、放置すると命にかかわる状態になることもあるため、非常に危険です。

ドアを開けさせないための対策方法とは?

出典:https://www.shutterstock.com

ドアを開けてしまうことは危険につながるリスクを高めてしまいます。そのため、ドアを開けられないように対策をすることがおすすめです。
ここでは、ドアを開けさせないための対策方法をご紹介します。

ペットゲートを設置する

ペットゲートは、猫が部屋から出ることを防いでくれるだけでなく、玄関の前やベランダのドアの前などに設置して、猫の脱走を防ぐこともできます。
他にも、猫が入り込んではいけない部屋などに設置することもできます。家の状態に合わせて設置場所を検討しましょう。

ドアが動かないように固定する

ドアが勝手に開かないようにするために、突っ張り棒やドアノブストッパー、スライドロックなどを活用しましょう。また、ドアレバーの向きを変えることで開かなくなるようにできることもあります。自宅の構造に合わせて適切な方法を選んで使いましょう。

簡易補助錠を活用する

簡易補助錠とは、ドアや窓に取り付けることで、簡単にロック機能を追加することができるグッズです。チェーン式のものやスライド式のもの、ワンタッチで施錠できるものなど、様々な種類があります。
簡易補助錠は簡単に取り付けることができ、設置するとドアを開けることを防ぐことができます。鍵がついていない部屋で鍵を取り付けることが困難な場合におすすめです。

おすすめの対策グッズをご紹介

出典:https://www.shutterstock.com

猫がドアノブを開けることを防ぐような商品がたくさん販売されています。
ここでは、猫がドアを開けてしまう場合におすすめの対策グッズをご紹介します。

SMILELOVE 後付けドアノブストッパー ワンノブロック

ドアノブの動きを制限するドアノブロックです。簡単に設置することができ、ドアノブが開かないようにしっかりロックすることができます。色んな場所に設置することができ、鍵が無いドアや窓、戸棚にも取り付けることが可能です。


SMILELOVE 後付けドアノブストッパー ワンノブロック

のぼれんニャン バリアフリー

玄関やベランダ、台所などに設置することができるペットゲートです。脱走防止のための商品で突っ張りホールの固定がワンタッチで可能なため、簡単にロックすることができます。フェンスの高さは最大190cmで、猫が登りにくいタテ型フェンスになっています。


のぼれんニャン バリアフリー

ペットゲート ハイタイプ

設置幅75~85cm高さ150cmのスチールゲートです。猫が脱走することを防いだり、猫が入ってはいけない場所に設置しましょう。オートクローズ式で開いた扉が自動で閉まります。


ペットゲート ハイタイプ

OPPO テラモト KnobLock

猫が勝手にドアを開けてしまうときに使用するドアストッパーです。ドアノブをロックすることができるため、ドアが開くことを防いでくれます。また、ドアに挟むことで半開き状態のままにすることもでき、さまざまシーンで役立つでしょう。


OPPO テラモト KnobLock

猫の安全のためにもしっかり対策しよう!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫がドアを開けることの防止策や、役立つグッズをご紹介しました。

猫がドアノブを開けるだけであれば問題ありませんが、入ってはいけない場所に入り込んでしまったり、閉じ込められてしまうということもあります。夏場の時期はエアコンの効いていない部屋に閉じ込められてしまい、熱中症になるケースも考えられます。

猫の安全を守るためにも、できるだけドアノブを開けさせないような対策をすることをおすすめします。猫は体が柔らかく少しの隙間でも通ることができます。家から脱走してしまう危険性もあるため、しっかり対策しましょう。

参考サイト
・さくらねこShop(参照日:2023-03-14)
https://item.rakuten.co.jp/sakuranecoshop/oneknoblock/

・Pet Select by Nihonikuji (参照日:2023-03-14)
https://item.rakuten.co.jp/petselect/1400006400/

・快適ペットライフ(参照日:2023-03-14)
https://item.rakuten.co.jp/petworldone/7159735/

・shopウィンクル (参照日:2023-03-14)
https://item.rakuten.co.jp/winkl/ot-669-400/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事