猫の寝床事情!冬の環境に適した寝床や置き場所をご紹介

猫は寒さに弱いイメージの強い動物ですが、寒い時期の寝床はどうしたらいいのでしょうか。ここでは、猫が快適に過ごすための寝床の環境やベッドの置き場所についてご紹介します。 2021年12月01日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:12,819

猫の寝床事情!快適に過ごすための寝床環境とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫が快適な睡眠時間を得るためには、環境を整えてあげることが大事です。猫用ベッドはたくさんの種類があり、作られている生地や素材も異なります。冬場の寒い時期、猫にはどんな寝床を用意してあげればいいのでしょうか。
ここでは、猫が快適に感じる寝床環境についてご紹介します。

猫が快適に過ごせる室温管理

猫にとって快適にな室温は23~28℃程度とされています。
猫の年齢や体格などにより適正な室温は異なりますが、基本的に夏は26~28℃程度、冬は20~24℃程度に保つことがおすすめです。猫は自分で自由に動き快適な場所を探すため、暖かい場所と涼しい場所を作ってあげるといいでしょう。
季節や日差しの入り方、天気などにより室温は異なるため、その都度調節してあげることをおすすめします。

季節に合った寝床の準備

猫の寝床に使用するベッドは季節に合ったものを選びましょう。オールシーズン対応の商品を購入してもいいですが、夏場は接触冷感素材を使用しているような涼しいものを、冬場は保温性の高い素材を使用しているような温かいものを選んであげると、より快適に過ごせるでしょう。

清潔な状態を保つ

いくら居心地が良い寝床でも、掃除や洗濯などをしないでいると、猫のフケや抜け毛が溜まって不衛生な状態になります。そのまま放置してしまうと、猫の皮膚状態が悪くなってしまうことや、寝床を使用してくれなくなることなどが考えられます。
定期的に掃除機などで抜け毛などを取り除き、洗濯できるのであればこまめに洗濯し、外に干すなどして清潔な状態を保ちましょう。

冬の寝床の置く場所はどこがいい?

出典:https://www.shutterstock.com

猫にとって寝床は、どこに設置されているかが重要です。猫が好む場所になければ、せっかく新しくて快適なベッドを買っても、使用してくれないこともあります。
ここでは、冬の猫ベッドの置き場所についてご紹介します。

静かで落ち着いた場所

猫はうるさく騒がしい場所は好みません。猫のために買ったベッドがそのような場所に設置してあると、使用してくれない可能性が高くなります。テレビの近くや音が出るような家電のそばではなく、静かで落ち着けるような場所に設置してあげましょう。

人の往来が激しくない場所

人がよく出入りするドアの近くや、往来の激しい廊下などは、敏感な猫の場合は人が通るたびに警戒してしまいます。そのような環境では安心して休むことはできないでしょう。
特に、迎え入れて日が浅い猫は警戒心が強くなっているため、ベッドだけでなくケージやトイレなどもドアから遠い場所に設置してあげましょう。

室温管理が行き届いている場所

室温がしっかり管理できない場所は猫が快適に過ごすことができません。エアコンがあり、室温の管理ができる場所にベッドを設置しましょう。
寝ている時でも快適な室温でないと、熟睡できずに体調を崩してしまう可能性があります。寝床を設置する場所は、室温をこまめに確認してあげることをおすすめします。

冬におすすめ猫用ベッドをご紹介

冬用ベッドの中でもベッドの形状や使用している生地などが異なります。冬用ベッドもたくさん販売されているので、1つに絞って選ぶのは難しいですよね。
ここでは、冬におすすめの猫ベッドについてご紹介します。

ふわふわ ペットベッド

体が包まれるようなふわふわのペット用ベッドです。質の高い立体綿を使用しているので弾力性も高く、保温性も抜群です。裏面には滑り止めが付いているので、猫が乗ってもしっかり安定してくれます。


ふわふわ ペットベッド

Bedsure スクエア ソファーベッド

通年で快適に過ごすことができるペットベッドです。インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインで、洗濯機での丸洗い可能です。
高弾力PP綿を使用しているため、寝心地も抜群です。ベッドの布地は布製ソファーと同等の生地を使用しているので、耐久性も優れています。


Bedsure スクエア ソファーベッド

ドームベッド

ドーム型のペット用ベッドです。内側にはフランネル生地を、表面側はボア生地でできているので、より猫が暖かく過ごせるようになっています。付属のクッションも裏表で生地が異なるため、その日の気温などにより変えることも可能です。


ドームベッド

ペットベッド 寝袋

フランネル素材のあったかクッション寝袋です。そのままクッションとして使っても、寝袋にしても使うことができます。寝袋は寒い日にもぐるだけでしっかり体を温めることができ、お留守番が多い猫にもおすすめです。肌触りが良い生地を使用しているので、猫も安心して休むことができます。


ペットベッド 寝袋

冬の猫の寝床を快適にしてあげよう

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、猫が快適に過ごすための寝床の環境や、ベッドの適切な置き場所についてご紹介しました。猫が快適に過ごせるよう、ベッドの種類や置き場所は飼い主がしっかり考えてあげる必要があります。
冬用のペットベッドは機能性の高いものが多くデザインも豊富です。今回ご紹介したベッドは冬の寒い時期でも快適に過ごせると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考サイト

・エムパウジャパン楽天市場店 (参照日:2021-11-17)
https://item.rakuten.co.jp/mpowjapan/syxx134ab-ss/

・ベッドシュアホームジャパン (参照日:2021-11-17)
https://item.rakuten.co.jp/bedsurehome/rtb0b0p1cw50/

・地球問屋 (参照日:2021-11-17)
https://item.rakuten.co.jp/auc-r-style/pet03-10-10l/

・マックスシェアー maxshare (参照日:2021-11-17)
https://item.rakuten.co.jp/maxshare/max-a09290/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事