猫にもケージは必要?ケージの必要性やおすすめケージをご紹介

猫を飼育する上でケージは必要なのでしょうか。気ままに生活している猫にはあまり必要ないイメージかもしれませんよね。
ここでは、ケージの必要性やおすすめのケージをご紹介します。 2021年05月23日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:2,565

猫用のケージの必要性とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫は家の中を自由に動き回ります。そのため、ケージに入れるのは窮屈に感じるのではないかと思うこともありますよね。しかし、ケージはたくさんの活用法があり、猫にとってもメリットがたくさんあります。
ここでは、猫用ケージの必要性についてご紹介します。

ケージは猫が安心できる場所になる

ケージは家に1つあることで、猫の安心できる場所になります。
安心して休むことができる猫専用の場所があることで、リラックスすることができるようになります。
猫は1日半分以上睡眠を取ります。家の中で休むこともありますが、ケージの中で休むことでよりリラックスして休むことができるようになります。

お出かけの時に活用できる

ケージにはお家に設置するタイプのもの以外にも、お出かけ時に持ち運びができるケージもあります。
猫にとってお出かけはストレスになりますので、頻繁に出かけることはないかもしれません。しかし、動物病院での診察やワクチン接種などは必ず行くことになると思います。
猫を専用のケージに入れてお出かけに連れ出すことで、脱走や移動中の怪我などを避けることができるようになります。

災害時にも活躍

ケージは災害時にも活用することができます。
災害時には予測できない事態に陥る可能性があり、猫がパニックを起こして逃げ出してしまうことが多くなります。
災害時にはケージの中に猫を入れて移動するようにしましょう。さらに、避難所を利用する場合は、ケージに入れてなければ利用できないことがあります。中には、ペットは利用できない避難所もありますので注意しましょう。

ケージに慣れていない場合はケージに入ってくれませんので、日頃からケージに入る練習をしておく必要があります。

ケージの選び方とは?

出典:https://www.shutterstock.com

猫にとってケージは様々な意味を持つものです。普段の生活にも活用することができるので、1頭に対して1つのケージを用意しておくと、とても便利です。
しかし、ケージは大きさや高さ、素材などが異なるので、どれを選んでいいのかわからなくなりますよね。
ここでは、猫用ケージの選び方についてご紹介します。

用途で選ぶ

猫用のケージを選ぶ時には、まずどんな時に利用するのか、用途で選びましょう。
家で利用する場合は、頑丈な素材で作られており、猫が自由に動くことのできる大きめで高さがあるものを選ぶことをおすすめします。室内用猫用ケージには、2段ケージや3段ケージのものがあるので、猫の頭数や性格で選びましょう。
室内用の猫用ケージには、トイレだけでなく、食事もできるようなスペースがあると、急な来客があった時にも便利です。

お出かけ時に利用する場合は、頑丈な素材で作られた持ち運びに便利な小さめなものを選びましょう。中で猫がリラックスできるスペースがあれば十分です。足を伸ばしてもぶつからず、ケージの中でぐるりと方向転換ができる広さがあるものがおすすめです。

素材で選ぶ

ケージにはスチール製、プラスチック製、木製など様々な素材が使われて、作られています。
スチール製は頑丈で安全性が高く、プラスチック製はお手入れがしやすく、軽い、木製は丈夫で、デザイン性も高いのが特徴です。
飼い主さんの都合やインテリアに合わせて選んでみましょう。

お手入れがしやすさで選ぶ

猫が生活する空間ですので、抜け毛やホコリ、排泄物などで汚れることもあります。そんな時にすぐに洗うことができるような便利なものを選ぶことで、飼い主さんの負担も軽減されます。
さらに、ケージにキャスターが付いているものを選ぶと、部屋全体の掃除の時にも便利です。

猫用ケージのおすすめをご紹介!

猫用ケージの種類はたくさんあるので、どれを購入すればいいのかわからなくなってしまいますよね。
ここでは、おすすめの猫用ケージをご紹介します。

アイリスオーヤマ キャットケージ PEC-903

ゆったりと快適に過ごすことができる広いスペースで、ストレスなく過ごすことができるケージです。高さは178cmあり、サイズ内であれば、ベッドやトイレも設置可能です。一番下の扉が広く設計されているのでお手入れも簡単なので、ケージ内の掃除にも便利です。組み立ても簡単なので、届いてすぐに使用することができます。


アイリスオーヤマ キャットケージ PEC-903

ハピネコ キャスター付ケージ

ステップが麻で作られているので爪とぎもでき、機能性の高いキャットケージです。
正面と側面の全ての段に扉が付いています。
ハンモックが付属しているので、猫が楽しみながらリラックスすることができます。扉にはロックが掛かるようになっているので脱走することも防ぐことができます。


ハピネコ キャスター付ケージ

キャットケージ pet10

引き出しトレータイプのキャットケージです。大きな扉が付いているので、トイレも取り出しが簡単で、お手入れがしやすくなっています。扉にはロックが付いているので猫の脱走を防ぐこともできます。組み立ても簡単なので、とても便利です。


キャットケージ pet10

ペットスイート 多目的ケージ

ダブルオープンで移動に便利な多目的ケージです。お出かけや動物病院を受診する時などに大活躍です。
車や飛行機の移動にも使用することができます。
側面にスライドラッチシステムが付いており、安全性も高いケージです。


ペットスイート 多目的ケージ

猫用ケージは必須アイテム!

出典:https://www.shutterstock.com

ここでは、ケージの必要性やおすすめのケージをご紹介しました。
猫用ケージは普段の生活に活用できるだけでなく、動物病院を受診する時やお出かけ時、災害時にも使用することができます。
いざというときに持っていると便利なので、持っていない方は購入を検討してみてくださいね。

参考サイト

・キャットランド (参照日:2021-05-14)
https://www.rakuten.co.jp/cat-land/

・ タンスのゲン Design the Future(参照日:2021-05-14)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/tansu/

・WEIMALL楽天市場店 (参照日:2021-05-14)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/weimall/

・charm 楽天市場店(参照日:2021-05-14)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/

著者情報

こばやし

犬、ハムスター、うさぎ、爬虫類、魚類などの生き物と生活していたので小さい頃から動物が好きでした。
動物関係の専門学校を卒業後、動物看護師として動物病院で勤務していました。
動物看護師、愛玩動物飼養管理師などの資格を取得しており、現在はドッグアロマやドッグマッサージについて勉強中です。

オススメ

新着記事