雑種の犬ってどんな特徴がある?ミックス犬や純血種との違いって?

雑種と聞くと、どのような姿を思い浮かびますか?
この記事では雑種について、またミックス犬や純血種と異なる点についてご説明します。 2021年03月02日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類
  • VIEW:5,298

雑種とは?

出典:https://www.shutterstock.com

雑種には、どのような特徴があるのかを見てみましょう。

さまざまな犬種が交配してできる

雑種は、2種以上の異なる品種が、自然な環境で交配してできた犬のことをいいます。
外飼いが主流だったころには、飼い主の知らない間に交配して繁殖していたこともあり、街には多くの雑種がいました。
見た目はもちろん、性格なども個性的なことが多いのが特徴です。

環境に馴染みやすい

雑種はさまざまな犬種を繰り返し掛け合わせて生まれているため、特定の気候に強い・弱いということがありません。
そのため、環境に馴染みやすいというメリットがあります。
昔は雑種の外飼いが多かったのも、時代柄もありますが、環境の変化に強いということも要因だったのかもしれません。

雑種とミックス犬の違い

出典:https://www.shutterstock.com

雑種とミックス犬には、どのような違いがあるのでしょうか?

ミックス犬は親犬が純血種

大雑把にいうと、雑種とミックス犬はどちらも雑種です。
しかし、ミックス犬の場合は親犬がどちらも純血種であることが雑種との違いです。
チワワとダックスフンドを掛け合わせて生まれた「チワックス」や、マルチーズとトイプードルを掛け合わせた「マルプー」などがその代表です。どちらも純血種であるため、特徴をしっかりと引き継いでいます。
つまりは、純血種同士のハーフということになり、1代目のみがミックス犬と呼ばれることとなります。

意図的に交配されている

ミックス犬は、ブリーダーなどが意図的に交配していることが多いです。
純血種と同様に人気の種類がいるため、先述したチワックスやマルプーなどを意図的に交配させています。

雑種と純血種の違い

出典:https://www.shutterstock.com

それでは、雑種と純血種との違いについて解説します。
見た目はもちろん、健康面についても見ていきましょう。

雑種は遺伝疾患に強い

よく、「雑種は丈夫だ」と耳にすることはないでしょうか。
それは間違っておらず、純血種に比べると雑種のほうが病気などに強く丈夫です。純血種のように同犬種で交配を繰り返していないため、遺伝疾患を持っていないからです。
例えばダルメシアンであれば耳の疾患が多く、レトリバー種であれば股関節に不安を抱えている傾向があります。しかし、雑種はそれらの心配がないため、平均寿命も純血種と比べて長くなっています。
特定の病気の心配がないことは、雑種の大きなメリットといえるでしょう。

雑種は個性が強い

純血種は目的を持って繁殖されているため、どうしても似たような性格になってしまいます。
テリア系であれば、狩猟犬として活躍するために運動能力が高く活動的なことが多いです。
また、愛玩犬は昔から可愛がるために育てられてきたため、無駄吠えや引っ張り癖が少ないなどの特徴が挙げられます。
しかし、雑種は兄弟であっても性格や個性は異なるでしょう。
逆に「こんな見た目・性格の犬を飼いたい」を考えている人は、希望に合った純血種を選ぶことをおすすめします。

雑種は成長したときのサイズがわからない

純血種であれば、だいたいどれくらいの体重になるかの予測ができます。
しかし、雑種は成長したときのサイズがわからないため、予想よりも大きく、または小さく育ってしまうこともあるでしょう。
雑種の場合は両親が小さくても、隔世遺伝により大きく育つこともあるため、注意が必要です。

純血種は血統書が発行される

血統書付きの犬というと、とても高貴なイメージを持つかもしれません。
ですが、血統書付きというのは、ただ単に純血種であるというだけです。
もちろんブリーダーであれば血統書は大切ですが、血統書がなくても普通に生活をする上で困ることはありません。
もしも愛犬の子どもがほしいのであれば、ブリーダーに掛け合いやすい血統書付きの純血種を飼うと良いでしょう。

純血種はドッグショーなどに出場することができる

ドッグショーは、その犬種のスタンダードを競う大会ですので、純血種しか出場することができません。
ちなみに、ドッグスポーツであるアジリティーの大会も、レベルが高くなってくるとほとんどが純血種です。

純血種のほうが飼いやすい?

前提として、子犬のころから育てていれば性格も徐々にわかってくるため、飼いやすさには純血種も雑種も関係はありません。
しかし、子犬のころのしつけについては多少の差がでる可能性があります。
純血種であれば、例えば「頑固な性格なので、しつけは厳しくしたほうが良い」、「マイペースであるため、あまり叱らずにしつけをしたほうが良い」などと、ある程度の性格を踏まえたしつけをすることができます。
しかし雑種はどのような性格で産まれてくるかが判断しにくく、探りながらしつけをしなければなりません。
そのため、純血種よりもしつけに苦労することもある可能性があるかもしれません。

愛犬と素敵な生活を!

出典:https://www.shutterstock.com

雑種とミックス犬、そして血統書付きの純血種との違いをご紹介しました。同じ犬種のみで交配されてきた純血種、純血種同士のハーフのミックス犬、それ以外であれば雑種ということになります。
ここまでご紹介した内容は、あくまでも犬の分類の区分の仕方です。犬にもそれぞれの性格があります。どの犬を家に迎え入れるにしても、同じように愛してあげることが大切です。

著者情報

けんぴ

若い頃はドッグトレーナーとして、警察犬の訓練やドッグスポーツなどを行う。
それらの経験を活かし、ペット系ライターとして活動中。
現在はすっかり猫派となる。
好きな犬種・猫種はボーダーコリーとノルウェージャンフォレストキャット。

オススメ

新着記事